アイデアの子種

2020年3月29日 (日)

だから私もおすすめします!

Untitled
目的:濃い目の新商品発売に伴う店頭販促の強化
戦略:流通の個別施策を展開することで、定番・定番外を獲得
プラン:店長を活用できるPOP。全SKUを掲出。
感想:料飲店でこの手のやり方は見たことがあったけど、量販店は初めてかも。いずれにしてもちょっとやってみようと思えるレモンコスプレが寄与しているな。

| | コメント (0)

口内環境をプラスにコントロール

Untitled
目的:健康寿命のトレンドに着目した歯周病予防商品の発売。
戦略:ガムブランドを活用し新しい機能を持ったラインナップの展開
プラン:歯茎に侵入する歯周病菌という事実を訴求。潜伏先の菌の分散を助け、歯茎への侵入を妨げる機能を持たせた商品。ハミガキ、液体ハミガキ、歯ブラシの商品展開。健康習慣という大きな概念を訴求。発売とあわせお求めやすい価格を実現
感想:マウスケアは本当に競争が激しいし、新しさを出すのは難しい、その中で新ラインナップを投入するのはすごいな。

| | コメント (0)

つけてみる?唇にジェルのような輝き

Untitled
目的:限定品による販売量の獲得。
戦略:春を活用した限定カラーを展開。
プラン:ドラマティックルージュEXとNで効果を分け、その中で3つのカラー展開。ジュエルの輝きを表現するデザインのPOPおよびカウンター什器。手のイラストに色を合わせることで、実際の色のイメージさせることをサポート。
感想:手のPOPは機能的だけれど分かりやすいな。

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

4D The Collagen

Untitled
目的:リニューアルによる店頭での販売を促進する。
戦略:自己プロデュース重視の傾向を活用した内側からケアする全方位ビューティ訴求
プラン:4D美容という新しい概念の提案。中身の変更(スーパー果実は活かしつつ新たに美容成分を追加)。30代+に親和性のあるタレントの起用。ザ・コラーゲンでドリンク、タブレット、パウダー、EXRでドリンク、タブレットの展開。JAN変による再導入、新規導入の促進。飲むだけ、時短、おいしさ、特許成分、No.1、寝ながら、ご褒美、など様々なベネフィットやインサイトをキャプチャ
感想:しばらくあって、ある程度定着しているカテゴリだから、これぐらいしないと新しさが出せないなのだなと。

| | コメント (0)

豚園

Untitled
目的:新商品による増分の獲得
戦略:ガッツリ系の人気トレンドを活用した本格ガッツリ系即席麺の発売
プラン:話題のガッツリ系をもやしを用意するだけで楽しめるという商品コンセプト。ユニークで店頭映えするセットカートン。カップ麺棚での陳列。麺、スープ、チャーシューと背脂パック・ニンニクパック"を後のせするキットの概念で本格感を強化。注目度が上がる黄色いパッケージに、力強いフォント、ガッツリ系をフルに表現している商品カット。
感想:新しさが様々な観点からある商品を、一手でこの規模感にできるのはカテゴリリーダーらしいなと。

| | コメント (0)

商品を活用したPOP

Untitled
目的:各SKUごとの特徴を伝達し回転を上げる。
戦略:店頭のフェイスを活用したPOPの展開
プラン:ワインボトルを中に入れれば完成する縦型POPの展開。商品特徴・味覚・食事とのマッチングを訴求。
感想:新しいフォーマットのオンパックかなと手に取ったら、商品が入ったPOPだった。

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

食べるシールド乳酸菌チョコレート

Untitled
目的:新カテゴリへの参入。
戦略:乳酸菌トレンドを活用したチョコレート商品の展開
プラン:シールド乳酸菌ブランドを全面に訴求。手軽に栄養補給系のクッキー棚への陳列。チョコとヨーグルトと2SKUを展開。
感想:チョコは抑えつつ、タブレットとも相性が良いヨーグルト味も展開。

| | コメント (0)

ロックンビリーしょう油らぁめん

Untitled
目的:企画品による増分の獲得
戦略:食べログ、有名店を活用した商品の展開。
プラン:食べログ百名店ロゴの活用。有名店の名前や特徴を伝達。シンプルながら、商品に目がいくパッケージ。
感想:今日テレビ番組でも絶賛されていたのもあってか、めちゃくちゃ売れていた。

| | コメント (0)

男性用ヒアルロン酸&コラーゲンリップ

Untitled
目的:男性用化粧品のラインナップの拡充
戦略:男性の美容トレンドに本格的なベネフィットを持ち込んだリップの展開。
プラン:ヒアルロン酸&コラーゲンを配合。サイドネットでのハンガー展開。
感想:男性向けのリップもここまで来たのだなと。

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

Mrs. GREEN APPLE

Untitled
目的:流通限定品による販売量の獲得
戦略:CMソングのアーティストを活用した限定品の展開
プラン:アーティスト名にちなんだアップルフレーバー。棚割りの強化。他ラインナップと同じ価格設定。女性も手に取りやすいパッケージ。
感想:ただの限定フレーバーじゃなくて、アーティストを活用しているところが凄いなと。キャンペーンは昨今のウィルスで大変そうだけど。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧