気になる広告

2020年3月29日 (日)

未来っていきなりやってくるんじゃない。いつも、今が入り口なんだ。

■未来っていきなりやってくるんじゃない。いつも、今が入り口なんだ。
Suntory
・広告主:サントリー/企業/水と生きる/水と生きる@リアル
https://www.suntory.co.jp/company/mizutoikiru/
・接触:新聞/4c15d
・想定目的:世界水の日を活用した企業イメージの強化
・想定ターゲット:
 -日頃飲用するお酒や清涼飲料として検討
 -オールターゲット、特に30代+、男女
 -自然、自由、洗練を重視
・想定インサイト:幸せな未来を望んでいる。
・想定プロポジション:サントリーは水を通して今と未来に取り組んでいる。
・コミュニケーションの役割:サントリーは水という前向きなイメージを形成する。
・感想:目を奪われる広告だなと感じました。気づきのポイントは次の通りです。1)圧倒的で綺麗な情景に未来を象徴する国民的なキャラクター。そして、その情景が色々なところで目にする南アルプスということ。2)世界水の日は認知が無いが、あえてそこに着目し普段はあまり出稿しない新聞に出稿しているということ。3)未来は今が入口、その入口はサントリーにとって水ということが改めてわかるボディコピー。

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

中華が、家族を熱くする

■中華が、家族を熱くする。

・広告主:味の素/クックドゥ/回鍋肉
https://www.ajinomoto.co.jp/cookdo/?Scid=ot_av_youtube_001019CD71
・接触:TVCF
・想定目的:おいしさ訴求により購入意向を上げる。
・想定ターゲット:
 -日頃の食卓の選択肢の一つとして検討
 -30代+、女性、主婦・会社員
 -幸せ、満たされる感じを重視
・想定インサイト:家族が喜べば幸せだと思う。
・想定プロポジション:クックドゥの回鍋肉で家族が旨さに熱中する。
・コミュニケーションの役割:回鍋肉のおいしさ最大限に表現する。
・感想:変な話し簡単に作れるとか時短的な訴求も方向性としてはあるのだろうけれど、食品らしく美味しさを訴求していることがいいなと思いました。気づきのポイントは次の通りです。1)家族が回鍋肉に熱中する様が美味しさを何よりも表現していて、表情や仕草がCMとして飽きさせない。2)回鍋肉の見せ方、箸で取る時の効果音が美味しさを強化している。3)BGMのリズムによる勢いが、上記の2点を更に強化している。

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

#NOCOMPETITION美は#競争ではない

■#NOCOMPETITION美は#競争ではない


・広告主:P&G/SK-II/
・接触:デジタル/YouTube/プレス
https://www.excite.co.jp/news/article/Dprp_37831/
・想定目的:オリンピックイヤーおよびスポンサーを活用したSK-IIブランドの認知・イメージの形成
・想定ターゲット:
 -1カ月~1.5カ月の頻度で購入
 -30代+、女性、品質・高級重視
 -独立性、自由、洗練を重視
・想定インサイト:美しさの競争やルールから解放されたいと思う。
・想定プロポジション:SK-IIで美しさの競争やルールから解放され自信を持てる。
・コミュニケーションの役割:自分なりの美しさを気づかせてくれるSK-IIと認識して欲しい。
・感想:"Experiential"は気にせざる得ないトピックなのですが、このタイムズ・スクエアのイベントを見ていて、ここまでやれたら有意義だなと思いました。気づきのポイントは次の通りです。1)オリンピック開催国の日本の文化に根付いたアニメを用いた多角的な表現。2)世界規模のブランドならではの、キャスティングと伏線を含めたストーリの作りこみ。3)ある意味アニメ表現だからかなえられる圧倒的で参加者との双方向性を含めた演出。結果として、日本で見てもイベントレポートではなく、一つの動画コンテンツとして成立している品質。

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

人は食べたものでできている。

■人は食べたものでできている。
kewpie
・広告主:キューピー/企業
https://www.kewpie.co.jp/
・接触:新聞広告/4c15d
・想定目的:100周年を機に企業姿勢を提示する。
・想定ターゲット:
 -週2~3回利用し、1カ月に一度程度購入
 -30代+、男女、既婚、子供有
 -支え、身近さ、論理的を重視
・想定インサイト:健康的に生きていきたいと思う。
・想定プロポジション:サラダとタマゴで食生活をサポートする。
・コミュニケーションの役割:キューピーを健康的な食生活を支えるパートナーと認識してもらう。
・感想:書いていて、壮大なインサイトだなと。それを広告にするのは壮大なチャレンジだと思います。気づきなぽいんとは次の通りです。1)100周年を2030年ビジョンを提示することに活用している。2)キューピーの中心となる意義や価値をサタマゴとサラダまで掘り下げている。3)人は食べものでできている。という興味を引くリードと、キューピーだから言えるRTB。

100年の歩み
https://www.kewpie.com/history/
2030ビジョン
https://www.kewpie.com/company/2030vision/

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

「つや玉」

■「つや玉」

・広告主:資生堂/エリクシール/アドバンスド エイジングケア「スキンフィニッシャー」
https://www.shiseido.co.jp/elixir/products/skinfinisher/
・接触:TVCF
・想定目的:新商品およびベネフィットの露出
・想定ターゲット:
 -追加のスキケアとしてのトライアル(購入後は3カ月から4カ月で買い替え)
 -35~50代、女性、主婦・社会人
 -解放感、満たされる感じ、洗練感を重視
・想定インサイト:今のスキンケアではな解決できない肌の悩みから解放されたい。
・想定プロポジション:朝のお化粧の最後に加えるだけで悩みから解放される。
・コミュニケーションの役割:「つや玉」を認識してもらい購入を促す。
・感想:ベネフィットが頭に残るCMだなと感じました。気づきのポイントは次の通りです。1)いきいきと笑顔で働いているシーンの提示によりちょっとした憧れを想起。2)最後にクリームことを商品使用で伝えることで負担もなく使用できることを伝えている。この流れの中でベネフィットの「つや玉」を他の説明文もなく伝達することで、頭の中に残る。3)最後にそれを裏付けるテクノロジーを簡潔に伝えており、生活シーン、ベネフィット、RTBが違和感なく、最後までいきいきとした世界観で伝えられている。

| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

止まないエールを、自分にも。

■止まないエールを、自分にも。
Lumine
・広告主:Lumine/企業
https://www.lumine.ne.jp/one-piece-of-a-woman/#utm_source=magazine&utm_medium=top&utm_campaign=season2020
・接触:Web/駅張り
・想定目的:ポジティブな企業イメージ形成により来店を促進する。
・想定ターゲット:
 -季節の変わり目で検討
 -20代・30代、女性、学生・会社員、未婚
 -独立性、満たされる感じ、洗練を重視
・想定インサイト:自分らしく成長していきたいと思う。
・想定プロポジション:ルミネは新しい自分らしさに気づかせ、後押ししてくれる。
・コミュニケーションの役割:新しい自分をみつけられるという期待感を持ってもらい、来店してもらう。
・感想:理想は年代によって変わりますし、その時々で理想との距離を感じたりします。そういうことを気づかせてくれる企業・商品・サービスはいいですね。気づきのポイントは次の通りです。1)ブランドの深い体験はイベントとかが最初に思いつくけど、ルミネの場合は、駅張りとウェブで深い体験を提供している。2)昔の理想、今の理想、それに勇気づけてくれるきっかけを葛藤や前向きさを描いている。3)小説で得た自分への気づきを、シンプルな言葉と印象的なグラフィックで広告展開している。

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

あした転機になあれ。

■あした転機になあれ。
まいなび
・広告主:マイナビ/マイナビ転職
https://tenshoku.mynavi.jp/opt/pr039/
・接触:車内広告/駅張り
・想定目的:転職サービスのイメージを露出
・想定ターゲット:
 -3年程度の就業、仕事への不満を感じた時に検討
 -20代・30代、男女、会社員
 -前向き、挑戦、独立を重視
・想定インサイト:新しい職場で、自分にあった仕事がしたいと思う。
・想定プロポジション:マイナビ転職は、あたらしい生き方を応援している。
・コミュニケーションの役割:マイナビ転職で、晴れ晴れとした転職ができると思って欲しい。
・感想:転職系の広告を取り上げたのは久しぶりです。気づきのポイントは次の通りです。1)実績、真剣さ、サービスの充実度ではなく、前向きでシンプルなメッセージに集中している。2)頑張っていること、前む向きなイメージを持ったタレントの起用。3)天気を転機に置き換える表現アイデア。

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

ごはん、できたよ。

■ごはん、できたよ。

・広告主:マクドナルド/夜マック/ごはんバーガー
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/yorumac/#lineup03
・接触:TVCF
・想定目的:新商品の認知およびイメージの形成
・想定ターゲット:
 -夜ごはんの選択肢として検討
 -30代-40代、男女、社会人
 -つながり、満たされる感じ、大人感を重視
・想定インサイト:ご飯に呼びに来てくれた時、幸せを感じる。
・想定プロポジション:マックでごはんを食べることができる。
・コミュニケーションの役割:落ち着ける場として、マックを選んで欲しい。
・感想:健康的なスマイルのイメージがありましたが、この設定はアグレッシブですね。気づきのポイントは次の通りです。1)別れた嫁がマックにいるという設定が、様々なストレスを抱えている現代人の親和性を高めている。2)ゆっくり、落ち着いた、安心できるトンマナで、その設定が暗くなく、葛藤の中での前向きさを描写している。3)「ごはん、できたよ」というちょっとした幸せを感じさせるフレーズが、マックでごはんを食べられるニュース性を強化している。

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

モッチッチ ステーション

■モッチッチ ステーション
d304-1318-882454-6
・広告主:エースコック/モッチッチ
https://www.acecook.co.jp/brand/mocchicchi/index.html
・接触:PR Times
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001318.000000304.html
・想定目的:商品イメージの強化および話題化
・想定ターゲット:
 -ランチなどで日ごろ購入する手軽な商品として検討
 -20代~30代、女性、会社員
 -時短、話題性、最新感を重視
・想定インサイト:食べる暇もない時があるけれど、おいしい食事をしたい。
・想定プロポジション:モッチッチは忙しい女性に手軽なおいしさを提供する。
・コミュニケーションの役割:TVCM投下によりカバーを作り、更にエッジの聞いたイベントにより話題化させる。
・感想:最初にCMを見た時は不思議なCMだなと思いましたが、女性向けの即席麺、ネーミングのリズム感ということで納得感が生まれました。このイベントの展開の気づきのポイントは次の通りです。1)CMによりカバーを作った後にイメージや話題を強化するためにイベントを活用していること。2)商品だけではなく、マイクロソフト、アイロボットとのコラボにより無人ラーメン店という話題を作っていること。3)渋谷駅での展開により、忙しい女性向けというイメージを強化し、更にCMに描いているテクノジー感を無人ラーメン店で強化している。

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

耀く海を見にきた。

■耀く海を見にきた。
464_1_l
https://www.iichiko.co.jp/design/poster/
・広告主:三和酒類/iichiko
http://www.iichiko.co.jp/
・接触:日比谷線/B倍ポスター
・想定目的:
 1)新規ユーザへのイメージ付け。
2)既存ユーザーへの定期的なブランドイメージの訴求
・想定ターゲット:
 -居酒屋で飲む/家で飲む
 -1)20代~30代 2)男性/40代~ 男性
 -情緒、歴史、文化、本質に関心が高い層
・想定インサイト:いくつになっても忘れない情景がある。
・想定プロポジション:iichikoは忘れられない情景を思い出させてくれる。
・コミュニケーションの役割:懐かしい思いを想起する。
・感想:相変わらずとても目を引く広告ですね。気づきのポイントは次の通りです。1) 1月に相応しく前向きな気分にさせてくれる。2)様々な海をiichikoは描写しているが、この海はとても明るく、始まりを感じる。3)耀く海を見に行くという前向きな行動を示すコピー。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧