気になる広告

2019年7月21日 (日)

新キッチンライフ、はじまる!!

■新キッチンライフ、はじまる!!

・広告主:花王/キュキュット/キュキュット ポンプ/キュキュット Relax Days
https://www.kao.co.jp/cucute/cucute/pump/
・接触:TVCF
・想定目的:新商品のベネフィットを露出
・想定ターゲット:
 -日頃使う食器洗いの洗剤として月に1度程度購入
 -20代後半~40代、男女、既婚
 -利便性、リラックス、つながりを重視
・想定インサイト:忙しい中でも夫婦生活を大切にしたい。
・想定プロポジション:キュキュット Relax Daysで、食器洗いがやすらぎに変わる。
・想定メッセージ:ポンプの利便性、香りのリラックス効果、スタイリッシュなデザインを持ったRelax Daysを購入して欲しい。
・感想:アートとサイエンスの両立という観点ではまさにこの広告は当てはまるなと感じました。気づきのポイントは次の通りです。1)タレントによるアテンション、シーン(インサイト)、ベネフィットをしっかりと抑えている。2)ポンプの利便性、香りのリラックス効果、スタイリッシュなデザインといったベネフィットをうまく表現することで、生活が変わるという期待感を持たせてくれる。3)特にリラックスという世界観を様々なエフェクトやシーン設定で強化している。

■商品
目的:新フォーマットの投入により食器洗い洗剤市場のシェアを高める
戦略:時短、多忙といった生活のトレンドに着目したポンプ型食器洗い洗剤の展開
プラン:スタイリッシュなデザイン、香りによるリラックス効果の訴求、3種の香り(SKU展開)、TVCM・デジタルキャンペーン(写真投稿、リツイート、コラボキャンペーン)の展開
感想:今まであったフォーマットではあるけれど、デザインやベネフィットの作りこみで新しさを作ってる。

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

肌と同期するスキンケア「オプチューン」誕生

■肌と同期するスキンケア「オプチューン」誕生
Optune
・広告主:資生堂/オプチューン
https://www.shiseido.co.jp/optune/
・接触:新宿駅貼り/ブログ/プレス
https://ameblo.jp/2c850kawasaki/entry-12488395488.html
・想定目的:新スキンケアサブスクリプションの認知獲得
・想定ターゲット:
 -毎日使うスキンケア商品として定期的に購入
 -20代-30代、女性、会社員
 -自分へのフィット、独立性、解放を重視
・想定インサイト:その日、その時々にあった自分を引き出したい。
・想定プロポジション:肌と同期するオプチューンで、調子がいい肌が続いていく。
・想定メッセージ:IOTを活用したサブスクリプション型スキンケアのオプチューンを選んで欲しい。
・感想:この手のテクノロジがからんだビューティーテリトリは、今後どういう表現をしていくのかが見ものですね。今展開はその先駆けになると思いました。気づきのポイントは次の通りです。1)アプリ、機器、使用している手といったテクノロジのキャプチャ。そのレベル感。2)「肌と同期する」という美とテクノロジに立脚するメッセージ。3)ラッピングトレイン、表参道のフラグシップ店など大々的な展開。

■商品
目的:新しい市場を作ることにより、この市場で圧倒的なシェアを獲得する。
戦略:サブスクリプション・パーソナライズのトレンドを活用したスキンケア商品の展開
プラン:専用アプリでの肌を診断、天気・気分・UV・肌の状態などのデータをクラウドに蓄積し8万通りのお手入れアルゴリズムから必要なスキンケアを決定、手を差し出すだけで専用マシンから必要なスキンケアが抽出される、月額1万円の価格設定、テスト展開から大規模なATL展開、体験を促すフラグシップ店の展開、専用ページからの販路。
感想:美容系のサブスクリプションはちらほら見かけてきたけれど、資生堂が動くと一気に浸透感が増す。この新展開がどう動いていくかは、興味深い。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

#京都でみつけたみどり色

■#京都でみつけたみどり色
UntitledUntitled
https://souda-kyoto.jp/travel/early-summer/koke2019/instagram_cp.html
・広告主:JR東海/そうだ京都、行こう。キャンペーン
・接触:Instagram
・想定目的:キャンペーンによる新規ユーザーの獲得
・想定ターゲット:
 -ちょっとした記念や連休で検討
 -20代-40代、男性・女性、学生・会社員
 -洗練、文化、共有を重視
・想定インサイト:センスのよい写真を共有したい。
・想定プロポジション:京都はインスタ映えする色とネタを与えてくれる。
・想定メッセージ:デジタルキャンペーンを通して、洗練された京都の文化に触れてファンになってほしい。
・感想:そうだ京都、行こうは私の中でテレビと駅張りのイメージだったので、接触したときは驚愕でした。気づきのポイントは次の通りです。1)平安時代の季節の色彩を組み合わせた「かさねの色目」に着眼して、四季を通して広がりがあるキャンペーン設計。2)この着眼が単なるプレゼント型の写真投稿キャンペーンではなく洗練や文化の啓発を強化している。3)広告やサイトの画像が、洗練されていて一味違うインスタ映え写真になっている。(ただ、キャンペーンとしては、すこしおとなしすぎる感もある)。

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

噂のエアリー

■噂のエアリー

・広告主:P&G/レノアHAPPINESS
https://www.lenorjapan.jp/ja-jp/lenor-lineup/about-lenor-hpns/lenor-hpns-detail
・接触:TVCF
・想定目的:夏の季節性を考慮したベネフィットの強化
・想定ターゲット:
 -洗濯時の柔軟剤として月に1度程度検討
 -20代~40代、女性独身・主婦世帯、男性独身世帯
 -満たされる感じ、軽やかさ、洗練感を重視
・想定インサイト:夏の汗や臭いを気にせず軽やかに生活したい。
・想定プロポジション:レノアハピネスで衣服はふわっとエアリーに香る。
・想定メッセージ:新「エアリー処方」を採用したレノアハピネスを選んで欲しい。
・感想:とても上手いTVCFだなと思いました。気づきのポイントは次の通りです。1)夏の汗や臭いのじめーっとしたインサイトをとらえ表現している。2)気分はエアリー、香りはエレガントというベネフィットを少し浮いている、笑顔、スローモーション、エフェクトで表現している。3)説得力のあるRTB、自然な商品な見せ方、記憶に残す後半の一カットなどうまく設計されている。

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

「あ、カサカサひじ発見!」

■「あ、カサカサひじ発見!」
Untitled
https://hadakara.lion.co.jp/
・広告主:Lion/hadakara
・接触:電車ドア横
https://www.youtube.com/channel/UC4akvTNZzETuvQZtpo_4yVQ
・想定目的:季節を活用したベネフィットの強化
・想定ターゲット:
 -夏の乾燥で保湿を意識して検討
 -30代-40代、女性、既婚・子供有、未婚
 -親子のつながり、洗練、秘密を重視
・想定インサイト:カサカサひじは気になっている、いつかはケアをしたいけど、できずにいる。
・想定プロポジション:Hadakaraの泡で保湿ができる。
・想定メッセージ:保湿ができる泡タイプのボディソープとしてHadakaraを選んで欲しい。
・感想:アクションを促す広告だなと感じました。気づきのポイントは次の通りです。1)電車、夏の乾燥、夏の肌の露出で気になる部分も露出されていることをとらえている。2)カサカサひじと思われてくないということを、いやらしくない方法でこっそり提示している。3)商品がヒーローになっている広告、そのパッケージ内に泡タイプで保湿ができるベネフィットを提示。

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

スタアバックス珈琲

■スタアバックス珈琲
20190508-1
https://www.starbucks.co.jp/cafe/pudding/
・広告主:スターバックス コーヒー ジャパン/季節プロモーション
・接触:店頭/日経クロストレンド/ウェブ
https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/watch/00013/00452/
・想定目的:日本のコーヒー文化への敬意を表すことで本格感の強化
・想定ターゲット:
 -ちょっとした休憩時間として週に2~3回検討
 -10代-30代、男女、社会人・学生
 -文化、本質、洗練を重視
・想定インサイト:個性のあるレトロ文化をアイテムの一つとして身に着けたい。
・想定プロポジション:スターバックスは新旧を融合した新しいレトロカルチャーを提案する。
・想定メッセージ:日本のコーヒー文化も楽しめる場所としてスターバックスに来店して欲しい。
・感想:最初に接触したときは、何の説明もなかったので、CIをリニューアルしたのかなと衝撃を受けましたが、サマープロモーションの第二弾という位置づけだったのですね。今までのスターバックスには無い展開だなと感じました、気づきのポイントは次の通りです。1)レトロカルチャーのトレンド、深く歴史のある日本のコーヒー文化から新しい価値を提示するという構造とコンセプト。2)CIを変えたと思わせるほどの店頭での徹底した展開とスターバックスという現代的なイメージがギャップを作り大きなニュース性を作っている。3)このコンセプトの元、プリンアラモードフラペチーノをヒーローにそのほかのメニューを開発。単純に季節品としてフラペチーノを展開するより、ブランド強化につながっている。

プレスリリース
https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2019-3041.php

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

BEST FOR SPORTS

■BEST FOR SPORTS

・広告主:資生堂/アネッサ/
http://anessa.shiseido.co.jp/sports/
・接触:TVCF
・想定目的:スポーツ用途のイメージを強化
・想定ターゲット:
 -夏場の日焼け対策として検討
 -20代-30代、女性、学生・会社員
 -信頼、洗練、解放、独立性を重視
・想定インサイト:日焼けを気にせずスポーツを楽しみたい。
・想定プロポジション:プロアスリートの期待に応えるアネッサ
・想定メッセージ:紫外線ブロックと心地よさを両立したアネッサを選んで欲し。
・感想:紫外線対策も店頭で色々と見かけるようになりましたが、この広告はカテゴリーリーダーならではだなと思いました。気づきのポイントは次の通りです。1)スポーツカテゴリで洗練感と信頼感を強化できる旬なアスリートの起用。2)スポーツながら美容カテゴリを意識させる世界観の作りこみ。3)紫外線カットと心地よさのベネフィットを提示。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

のびのびする日になりそうです。

■のびのびする日になりそうです。
Untitled
https://www.iichiko.co.jp/design/poster/
・広告主:三和酒類/iichiko
http://www.iichiko.co.jp/
・接触:日比谷線/B倍ポスター
・想定目的:
 1)新規ユーザへのイメージ付け。
2)既存ユーザーへの定期的なブランドイメージおよび40周年の訴求
・想定ターゲット:
 -居酒屋で飲む/家で飲む
 -1)20代~30代 2)男性/40代~ 男性
 -情緒、歴史、文化、本質に関心が高い層
・想定インサイト:いくつになっても忘れない情景がある。
・想定プロポジション:iichikoは忘れられない情景を思い出させてくれる。
・感想:いいちこの広告はちょっとした休息を与えてくれるなと感じます。気づきのポイントは次の通りです。1)仕事をしているマインドで見るとこんな場にいたいなと思わせてくれる。2)子供の頃にあったような、一日を目一杯ゆっくり遊べることを想起させるシーンとコピー。3)いいちこの広告だからこそ、この広告が受け入れられ、5月という季節を感じさせてくれる。

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

Discover

■Discover
31121_1
https://www.amazon.co.jp/discover
・広告主:Amazon/家具・キッチン用品
・接触:Markezine
https://markezine.jp/article/detail/31121
・想定目的:新しい角度からのニーズの把握
・想定ターゲット:
 -イベント、季節の変わり目で検討
 -20代-40代、男女、学生・会社員
 -直感的、新しい技術、自分の好みを重視
・想定インサイト:うまく言葉にできないけ自分が求める物が手に入ると嬉しい。
・想定プロポジション:Discoverは画像をクリックするだけで、好みのスタイルが見つかる。
・想定メッセージ:Discoverで家具・キッチン用品を購入するという選択肢を知ってほしい。
・感想:ウェブのコンテンツはこういうのであれば、とても有意義だなと感じました。気づきのポイントは次の通り。1)商品画像をいいね、ちがうねをクリックしていくだけで、自分のスタイルが見つかっていくワクワク感。2)店舗ではできないAmazonだからそ実現できる商品群、技術力、プラットフォーム。3)ショッパーの体験に新しい価値を与えている(これまでの価格優位性、自宅まで届けてもらえる利便性ではなく、スタイルが見つかるという新しい情緒的なメリット)。

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

男の後半、40年ハーフがはじまった。

■男の後半、40年ハーフがはじまった。

https://www.otsuka.co.jp/ulos/special/b10/
・広告主:大塚製薬/ウル・オス/薬用スキンブリージーローション
https://www.otsuka.co.jp/ulos/
・接触:TVCF/店頭
・想定目的:新商品のターゲットおよびベネフィットの明示
・想定ターゲット:
 -洗顔の時に合わせて検討
 -40代-50代、男性、会社員
 -発散、挑戦を重視
・想定インサイト:自分の経験に自信をもって生きていきたい。
・想定プロポジション:生きざまの出る40代からの顔に自信を与えてくれる。
・想定メッセージ:40代の男性にいい肌を実現するウルオスという選択肢を知ってほしい。
・感想:男性用化粧品は新しい商品がどんどん出ていますね。そのトレンドを活用した大塚製薬らしいCMだなと思いました。1)40代男性に肌ケアを意識させる商品とCMの表現。2)生きざまを認めカッコよく後押しする表現ながら、最後は子供歩いているシーンを提示することで親近感を持たせている。3)力強さがポカリなどの表現と共通しているものがあって、大塚製薬らしいと思ったこと。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧