気になる広告

2018年1月13日 (土)

樽生店でKANPAIスタンプを集めよう!

■樽生店でKANPAIスタンプを集めよう!
UntitledUntitled
・広告主:アサヒビール/大樽
https://www.asahibeer.co.jp/stamp/cp/170622-180630/
・接触:料飲店
・想定目的:樽生の販売促進
・想定ターゲット:
 -料飲店で最初の一杯で検討
 -30代+、男性、ビールユーザー
 -爽快、つながり、満たされる感じを重視
・想定インサイト:料飲店の生ビールでブランドを意識することは無い。
・想定プロポジション:アサヒビールの樽生が飲めるお店のKANPAIスタンプがお得
・想定メッセージ:アサヒビールを樽生をより意識し多く飲んでほしい。
・感想:一度アイデアの子種で取り上げましたが、実際に参加してみました。気づきのポイントは次の通りです。1)キャンペーンの展開により、店内での露出を上げている。2)デジタルの活用により、より多くの店頭での展開および消費者へのアクセシビリティを実現している。かつ色々なデータを入手していると思われる。3)Line、メール、アサヒビールアプリでの参加の敷居の低さ。スマホをかざすだけでスタンプがたまる、複雑になりがちなスキームがとてもシンプル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです

■結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです

・広告主:リクルート/ゼクシィ
http://zexy.net/mar/honshi/cm.html
・接触:TVCF
・想定目的:結婚需要をあげることによる雑誌の販売増加
・想定ターゲット:
 -結婚前、準備に検討
 -20代・30代、女性、未婚
 -自由、つながり、個性を重視
・想定インサイト:結婚以外にも選択肢はいろいろとある。
・想定プロポジション:ゼクシィはめぐり合う奇跡を彩る雑誌。
・想定メッセージ:ゼクシィを手に取って結婚を前向きに計画して欲しい。
・感想:とても今の時代を的確にとらえたCMだなと思います。気づきのポイントは次の通りです。1)未婚の人を含め、誰も敵にしない、敬意を払っていること。2)自分らしい選択をする現代のインサイトをうまく切り取っていくること。3)その中で、結婚を選ぶということを、ゼクシィとして素敵な世界観で描いていること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

あなたの個性は、みんなの可能性だ。

■あなたの個性は、みんなの可能性だ。
Untitled
・広告主:集英社/企業
・接触:朝、読、毎、日経、産経/15d
・想定目的:企業イメージの向上
・想定ターゲット:
 -子供が定期的に購入
 -30代+、男女、主に既婚、子供有
 -独立性、つながり、自由を重視
・想定インサイト:漫画は娯楽程度にしか考えていない。
・想定プロポジション:集英社は個性を育てて、可能性を広げている。
・想定メッセージ:個性を育てる方法の一つとして集英社の雑誌を手にしてほしい。
・感想:今年の元旦広告で一番インスピレーションを与えてくれた広告は集英社のこの広告でした。気づきのポイントは次の通りです。1)主要新聞でそれぞれ原稿を変え同じメッセージを伝えていること。2)自分に身近なキャラクターが登場するうれしさと、その中に普通の小学生が混じっている多様性。3)多様性や個性が注目される時代に、集英社として可能性という言葉を用いて見解を示していること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

すごいのは乳酸菌

■すごいのは乳酸菌
・広告主:明治/乳酸菌
・接触:TVCF
・想定目的:カテゴリ啓蒙による乳酸菌商品の販売活性化
・想定ターゲット:
 -健康維持に検討
 -30代-40代、男女、既婚、子供あり
 -機能性、信頼性、安心感を重視
・想定インサイト:風邪をひかない健康的な体を維持したいと思う。
・想定プロポジション:明治の乳酸菌は免疫力をあげる。
・想定メッセージ:明治の乳酸菌商品を購入することで、免疫力をたかめるという選択肢を知って欲しい。
・感想:明るくはないのですが、機能系は色々と規制があると聞きます。その中で、商品につながるよううまく印象付けられているなと感じました。気づきのポイントは次の通りです。1)風邪の予防=免疫力アップ=乳酸菌がきくという構造の明確さ。2)その中で、明治の乳酸菌が効果的ということを印象づけている。3)さらにさりげなく、明治の乳酸菌商品ということを、調査の枠組みで伝えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

#うごクラT

■#うごクラT
・広告主:Suntory/DEKAVITA C
・接触:Adgang
https://adgang.jp/2017/12/154826.html
・想定目的:若年層の新規獲得
・想定ターゲット:
 -休み時間、登下校に検討
 -10代-20代、男女、学生
 -つながり、楽しみを重視
・想定インサイト:みんなで一つのことを表現したい。
・想定プロポジション:DEKAVITA Cはみんなの中心にいる。
・想定メッセージ:DEKAVITA Cは自分を表現する身近なツールとして認識して欲しい。
・感想:若者層への取り組みというのはなかなか興味深いです。気づきのポイントは次の通りです。1)みんなで一つのことを表現するというインサイトへの着目。2)それをソーシャルにも親和性の高い、Tシャツで実現するというアイデア。3)商品の物性を訴求するのではなく、アイコニックな存在ということに終始している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

素材のおいしさ、ていねいに。

■素材のおいしさ、ていねいに。

Untitled

・広告主:カゴメ/野菜生活100 Smoothie
・接触:電車/中吊り
・想定目的:健康/野菜ジュース市場のシェア獲得
・想定ターゲット:
 -食事、仕事の合間に毎日検討
 -20代-30代、女性(男性)、会社員
 -自然(食べ物、飲み物)、洗練(大事に)を重視
・想定インサイト:野菜ジュースはどれも変わらない。
・想定プロポジション:野菜生活100 Smothieは素材そのものの美味しさを引き出している。
・想定メッセージ:健康的なジュースとして日常的に飲用して欲しい。
・感想:最近よく思うことは、素材そのものの価値がとても強まっているということです。例えば、ヒアルロン酸原液とかいちご丸ごととか、そういう観点でこの広告はうまくそれを表現しているなと思いました。1)素材そのものを使っていることを強化するためのアイコンとしてミキサーというアイデア。2)コピー表現で「おいしさ」を付加することで、そこにカテゴリで大切な飲んで美味しそうという期待感を作っている。3)ミキサーのアイデアを邪魔をしない表現の強弱および、製品ラインナップなどのあしらい方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

事故解決のプロフェッショナル

■事故解決のプロフェッショナル
・広告主:イーデザイン損保/ダイレクト自動車保険
http://www.edsp.co.jp/
・接触:TVCF
・想定目的:他社からの自動車保険のスイッチ
・想定ターゲット:
 -ニーズの喚起で必要に応じて検討
 -30代-、男性、会社員、車あり
 -信頼性、人との関係を重視
・想定インサイト:事故を起こした時の、相手との会話が怖い。
・想定プロポジション:イーデザイン損保は、事故時に相手と代わりに話してくれる。
・想定メッセージ:自動車保険の頼れるパートナーとして認識して欲しい。
・感想:結構ながれているCMですが、見るたびに自動車保険のインサイトを捉えているなと思いました。1)事故直後という最も強いシーンの切り取り。2)その場で一番欲しい、直接相手と話してくれるサービスの訴求。3)著名人やグループ会社の訴求などお墨付き感の作り方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

FACE CHANGE

■FACE CHANGE
・広告主:資生堂/表情プロジェクト/いい夫婦の日/ELIXIR/VITAL-PERFECTION
・接触:Adgang
・想定目的:いい夫婦の日を活用した表情プロジェクトおよび関連ブランドの露出
・想定ターゲット:
 -日頃使う化粧品として1-2ヶ月に一度程度検討
 -40-50歳、女性、家族あり、主婦
 -つながり、満たされる感じを重視
・想定インサイト:いつまでも、いい表情でいたいと思う。
・想定プロポジション:資生堂の化粧品でよい表情になれる。
・想定メッセージ:資生堂のしわ改善化粧品という選択肢を知って欲しい。
・感想:好みもあるかもしれないけれど、いい話をするにしてもデジタルの勘所が必要だなと思います。気づきのポイントは次の通り。1)いい夫婦の企画に、夫婦の顔が似てくるというユニークな切り口。2)顔が入れ替わった1日というアイデアとその中の気づきを通して面白さやあたたかさが伝わってくる。3)デジタルに丁度いい長さと、面白さとシリアスさのバランス感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

iPhoneX

■iPhoneX

Untitled

・広告主:Apple/iPhoneX
・接触:Underground
・想定目的:新商品の販売促進
・想定ターゲット:
 -既存iPhone/他者スマホの買い替え、
 -オールターゲット
 -洗練、刺激、ステータスを重視
・想定インサイト:新しいiPhoneの機能を試してみたい。
・想定プロポジション:未知のiPhoneX登場。
・想定メッセージ:iPhoneXに対して期待感を持って欲しい。
・感想:やはり圧倒的なブランドだなと思います。気づきのポイントは次の通りです。1)世界共通した広告の展開。2)それができるiPhoneのブランド資産。3)シンプルながら、斬新さを伝えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

ニンゲンは、ちょっとしゃべりすぎかな。

■ニンゲンは、ちょっとしゃべりすぎかな。
・広告主:JR東日本/そうだ京都、行こう。
・接触:TVCF
・想定目的:秋の京都観光の最大化
・想定ターゲット:
 -週末やちょっとした休暇で検討
 -30代+、男性、会社員
 -静粛、本質、刺激を重視
・想定インサイト:たまには心の底から一息つきたい。
・想定プロポジション:京都は、普段にはない視界を与えてくれる。
・想定メッセージ:秋に京都と過ごすという選択を前向きに検討して欲しい。
・感想:なんというか知的好奇心をくすぐられる広告です。気づきのポイントは次の通り。1)静かだけど雄弁、人間はしゃべりすぎという気づき。2)その雄弁さを圧倒的に美しいと思える風景と定点の風景の移り変わりで表現している。3)父と子で行く京都より、広くターゲットを持った方が、個人的にはより美しく、気づきのある広告になるということ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧