« ハラタイラさんの独り言 | トップページ | 休足美人 »

2019年1月13日 (日)

とあるマーケターの広告ルール1

Never advertise an undrinkable drink

by Alan Wood

とあるビール会社のマーケティングダイレクターだった人の言葉です。もちろん考え方次第ですが、広告を接したときに、その商品・サービスを飲めるのか、食べられるのか、使えるのかという視点は重要だと思います。壮大に描写しすぎると無理ですし。ただ、情緒価値を伝えることを否定しているわけではなく、例えば豊かな時間を過ごせるビールとかだったらありの訳で。行きすぎず、商品を手に取る人が受け入れられる、受け入れたくなる塩梅ととらえています。

|

« ハラタイラさんの独り言 | トップページ | 休足美人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/74940226

この記事へのトラックバック一覧です: とあるマーケターの広告ルール1:

« ハラタイラさんの独り言 | トップページ | 休足美人 »