« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2017年7月30日 (日)

あれは夏の日のこと。

■あれは夏の日のこと。

17jul

・広告主:三和酒類/iichiko
http://www.iichiko.co.jp/
・接触:丸の内線/B倍ポスター
・想定目的:
 1)新規ユーザへのイメージ付け。
  2)既存ユーザーへの定期的なブランドイメージの訴求
・想定ターゲット:
 -居酒屋で飲む/家で飲む
 -1)20代~30代 2)男性/40代~ 男性
 -情緒、歴史、文化、本質に関心が高い層
・想定インサイト:いくつになっても忘れない情景がある。
・想定プロポジション:iichikoは忘れられない情景を思い出させてくれる。
・感想:こういうことをして成立するブランドって本当に限られているなと改めて感じました。気づきのポイントは次の通りです。1)広告が過去を思い出すトリガーになっている。2)シズルではなく、この懐かしい感じがiichikoのブランドに結びついている。3)それを演出する透明感があり、美しく、少し切なさがのこる広告表現。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/71283284

この記事へのトラックバック一覧です: あれは夏の日のこと。:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »