« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2017年7月 2日 (日)

資生堂 表情プロジェクト

■資生堂 表情プロジェクト
・広告主:企業/エリクシール
・接触:TVCF/ソーシャル
・想定目的:シワ対策市場のシェア獲得
・想定ターゲット:
 -日常的に使用する化粧品として検討
 -30-50代、女性、社会人・主婦、中価格帯化粧品ユーザー
 -つながり、発散、独立を重視
・想定インサイト:しわを気にして、表情を躊躇することがある。
・想定プロポジション:資生堂の新成分が日本のしわを改善する。
・想定メッセージ:しわを気にしている自分に気づいてもらい、表情プログラムの製品を購入して欲しい。
・感想:新成分だけでも資生堂であれば十分に商品をドライブできると思いますが、カテゴリの啓蒙を含めて大きく展開をしている点がさすがだなと思います。気づきのポイントは次の通り。1)共通言語の絵文字を用いた、サプライズ重機による気づきの提示および体験のコンテンツ化。2)第一弾のエリクシールを絵文字を活用しつつ、かつ著名女優を6名起用し、コミュニケーションを展開。3)話題性を持ったデジタルコンテンツとCMによる規模感の作り方。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/71023245

この記事へのトラックバック一覧です: 資生堂 表情プロジェクト:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »