« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2016年4月18日 (月)

写ルンです 30thアニバーサリー

■写ルンです 30thアニバーサリー
enjoy_04 18
http://fujifilm.jp/personal/filmandcamera/utsurundesu/promotion/lf30/
・広告主:富士フィルム/写ルンです/30周年
・接触:大西 宏のマーケティング・エッセンス
http://ohnishi.livedoor.biz/archives/51480838.html
http://getnavi.jp/camera/20755/
・想定目的:既存カテゴリの新規ユーザの獲得
・想定ターゲット:
 -ソーシャルへの画像として検討
 -10代・20代、女性、学生
 -洗練、鼓舞、独立を重視
・想定インサイト:他の人とは違った写真を自分の個性にしたい。
・想定プロポジション:写ルンですは、スマホとは違った写真体験を与えてくれる。
・想定メッセージ:スマホではなく、写ルンですで自分らしい写真を撮るという選択肢を知って欲しい。
・感想:新しいもの、デジタルものがどんどん受け入れられて、古いもの、アナログのものは切り捨てられていくなかで、この展開は興味深いなと思いました。気づきのポイントは次の通りです。1)売り上げのダウントレンドで切り捨てなかった判断と、下げ止まりに着目し、20代が新規ユーザーとして取り込めていること把握し、30周年のアニバーサリーキットを若者と相性の良いカスタマイズ性を打ち出して展開していること。2)失敗してやり直せない、取りきるまで写真を見れない、フィルムのアナログな仕上がりなどのデメリットをドキドキ感でベネフィットに変えていること。3)洗練はインスタの領域だったが、インフルエンサーの後押しもあり、逆に一番遠い存在であった写ルンですが、そのポジンションにいること。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/65030102

この記事へのトラックバック一覧です: 写ルンです 30thアニバーサリー:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »