« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2015年9月 6日 (日)

JAウォールファーマーズマーケット

■JAウォールファーマーズマーケット
report_wallfm01_modal
・広告主:JA全中/JAタウン・JAファーマーズマーケット
http://www.ja-kizuna.jp/
http://www.ja-town.com/shop/f/f0
http://www.ja-kizuna.jp/farm/market/
・接触:口コミ/PR
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/netanotane/post_96595/
http://www.enjoytokyo.jp/life/event/1208964/
・想定目的:既存カテゴリの新規ユーザーを獲得
・想定ターゲット:
 -食材の購入時に検討、Onlineチャネルを重視
 -10代・20代、男女、学生、会社員
 -新鮮、本物を重視
・想定インサイト:何で野菜を取るかは、そこまでこだわりは無い。
・想定プロポジション:JAで各地の採れたて農産物を手にできる。
・想定メッセージ:新鮮な国産の野菜をJAで購入するという選択肢を知ってほしい。
・感想:そんなに必要性を感じていない人たちを振り向かせるって結構な体力が必要だよなと感じました。この展開の気づきのポイントは次の通りです。1)インパクトのある形で野菜ピラーを実際に触らせるというアプローチ。2)国産で各地の野菜がネットで手に入れられるという気づきを与えてくれる。3)8月31日野菜の日を活用した、PR戦略と盛り上げ方。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/61491761

この記事へのトラックバック一覧です: JAウォールファーマーズマーケット:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »