« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2013年9月29日 (日)

歌舞伎座の、椅子。

■歌舞伎座の、椅子。
Okamura
・広告主:岡村製作所/企業
http://www.okamura.co.jp/company/topics/culture/2013/kabukiza.php
・接触:日経新聞/4C15d
・想定目的:既存カテゴリの新規ユーザを獲得
・想定ターゲット:
 -購入動機:NA
 -個人30代+/都市圏在住/所得高、B2B、IR、採用、
 -歴史、伝統、文化を重視
・想定インサイト:オカムラはオフィスの椅子だけだと思っている。
・想定プロポジション:オカムラはオフィスだけではない。
・想定メッセージ:様々な人に、様々な形でデザイン、心地よさ、利便性を提供するオカムラのシーティング技術。
・感想:とても分かりやすくて、振り切った広告だなと思いました。気づきのポイントは次の通りです。1)新しい歌舞伎座というニュース性を活用していること。2)椅子に対するアイデンティティが前面に出ていること。3)その椅子の技術が様々な観点で考慮されつくしているということがボディコピーで伝わってくること。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/53432320

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座の、椅子。:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »