« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2013年5月19日 (日)

Haagen Dazs EXPO

■Haagen Dazs EXPO
Haagen Dazs
https://haagen-dazs-expo.jp/
・広告主:ハーゲンダッツ ジャパン/ブランド
・接触:駅張りポスター
・想定目的:既存カテゴリの新規ユーザの獲得
・想定ターゲット:
 -たまにある贅沢として検討
 -20代・30代、男女、学生・会社員
 -選択肢の多さを重視
・想定インサイト:少し高級なアイスの選択肢はいくつかある。
・想定プロポジション:ハーゲンダッツはフレーバーの種類が違う
・想定メッセージ:125種のフレーバーを発売していきたハーゲンダッツを選んで欲しい。
・感想:初めて見たときからは少々時間がたってしまいましたが、ハーゲンダッツのこういう見せ方は新しいなと思いました。気づきのポイントは次の通りです。1)主婦層から若者層へのアプローチとして、エモーショナルからファンクショナルの訴求の切り替え2)125種のフレーバーというユニークなベネフィットの訴求が若者層の「選択肢が多さを重視」とマッチしている。3)Social Mediaと連携した投票スキーム。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/51690474

この記事へのトラックバック一覧です: Haagen Dazs EXPO:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »