« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2012年9月 9日 (日)

江戸時代から科学の子ども。

■江戸時代から科学の子ども。
Shimadzu
http://www.shimadzu.co.jp/aboutus/ad2.html
・広告主:島津製作所/企業
・接触:Nikkei NP/4c15d
・想定目的:
・想定ターゲット:
 -購入動機:NA
 -個人30代+/都市圏在住/所得高、B2B、IR、採用、
 -伝統やこだわりを重視、本質的、島津製作所をよく知らない人たち
・想定インサイト:日本の物づくりは誇らしいと思っている。
・想定プロポジション:島津製作所は日本の科学をリードしてきた。
・想定メッセージ:卓越した科学を持った島津製作所を知ってほしい。
・感想:こういう業界のコミュニケーションは整理が難しいなと思います。知っている人には表現というよりかは事例とかコストな気がしますし、かと言って、2C向けにというと、広すぎるとか思われたりする。広すぎず、B2Bとはいえ、ビジネスの中にいる個人に焦点をあたてる、そんな整理が必要なのだろうなと思いました。この広告の気づきのポイントは次の通りです。1)日本の物づくりに再度焦点をあてるという市場のインサイトに即している。2)デロリアンが江戸時代にあるという設定により日本の科学をリードしてきたことを表現している3)それを言える理由が、設立の生い立ちを含めストーリだてて表現している。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/47012785

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代から科学の子ども。:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »