« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2011年4月14日 (木)

空色のウーロン茶

■空色のウーロン茶
DSC00904[1]
 Via (通りすがりの広告  http://passingad.blogspot.com/2011/04/blog-post_06.html)
・広告主:サントリー/プレミアムクリア
http://www.suntory.co.jp/softdrink/oolongtea/cm/index.html
・接触:日比谷線/中吊り
・想定目的:既存カテゴリの新規ユーザを獲得
・想定ターゲット:
 -○○ながらの用に空いた時間に購入
 -20代・30代、女性、学生・会社員
 -爽快感、軽やかさを重視
・想定インサイト:青空のしたでめいいっぱいリラックスしたいと思うことがある。
・想定プロポジション:上品で爽やかな香りを体験できる空色のウーロン。
・想定メッセージ:黄金桂を使用したプレミアム クリアという選択肢を知ってほしい。
・感想:広告って当たり前になったから、えぐいほどいいたことを伝えるようになったりして、けれど実はそれはもっと遠ざけているだけなんだろうなと思います。だからか、この広告は逆に見入ってしまいました。ポイントは次の通りです。1)空色のウーロンという表現が電車の中ということもあってとても印象的2)みていて気持ちいい、読み手を尊重していること3)インサイト、プロポジション、表現がきれいに結びついている

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/39613356

この記事へのトラックバック一覧です: 空色のウーロン茶:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »