« 広告業界の気になる情報 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »

2010年5月 1日 (土)

広告業界の気になる情報

謎のシャンプー
http://blog.kokokukaigi.com/archives/2010/04/post_793.html
↑広告会議
製品名を隠すって、それ自体が興味を引きますし、公平さを感じるので信頼できます。

映像をリアルタイムに合成することで、臨場感のある訴求をする映像広告「Billboard Sucks You Into the Scene of a Violent Crime - Augmented reality billboard 」
http://designwork-s.com/article/148355186.html
↑Design Works
>>このアイデアを伝えたいと思うからこそ、こういう発想もでてくるのかなと思った。

クリエイティブってなんだろう
http://mb101bold.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-0941.html
↑ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね)
>>パズルがぴったりはまるって、一度だけ経験したことがあるように思います。その時は、問題とされていたことも、そのパズルがはまることによって、結果としてこれができるために、その問題があったと思えた。そういう感動ってしばらくしていないな。どちらかというと、クリエイティブではなくて、モデルの議論のほうがよく耳にする。

ツイッターの調査、米国認知率87%に向上、しかし参加者は僅か7%の訳
http://www.socialnetworking.jp/archives/2010/04/877.html
↑Social Networking.jp
日本の盛り上がりっぷりは、Twitterを日本人ごのみに定着させたからなのではと思ってる。アメリカでは使う目的が分からなくても、日本では誰かとつながっていられるコミュニケーションツール。なんか、カフェにいて、そのザワザワ感を聞いている感じに近いんだよな、知っている人が、興味のあることを言えば、反応してみるし、知らない人にでも、反応することが許されている空間。知らない人にでも反応できるというのは、シャイな日本人にはうれしい場なのかも。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広告業界の気になる情報:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »