« 使ってもらえる広告 | トップページ | 電通「鬼十則」 »

2010年5月 7日 (金)

広告業界の気になる情報

「表現の問題」についての覚え書き
http://mb101bold.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-3f04.html
↑ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね)
>>メディアの変化ではなく、メディアを取り巻く環境の変化というものの見方、なるほど。

Film / Samsung / 嘘みたい?なサムスン3D LED TVのコマーシャル
http://www.codon.jp/blog/film/film-sumsung-嘘みたい?なサムスン3d-led-tvのコマーシャル/
↑コミュニケーション批評
>>すごいなと思った。合成でも、それ以前に「あーこんなこともできるんだ、サムソンすげー」と思わせるアイデアを感じました。

Giants Digital Tryout
http://net-dependence.blogspot.com/2010/05/giants-digital-tryout.html
↑net dependence syndrome
>>双方向性は、昔からあるけれど、さらに面白さを提供できる端末とアプリが、キャンペーンのプロポジションをより魅力的にしていると思った。今までは、言えなかったようなことも言えるようになる。

日本企業に足りないのはちょっとの勇気かもね。
http://d.hatena.ne.jp/koredeasobo/20100127/1273149564
↑koredeasobo
>>日本の環境で生き抜いてきた企業は、どこでもやっていけるんじゃないかな。

ウェブも株式市場の暴落と反騰に追いつけず苦戦中
http://jp.techcrunch.com/archives/20100506stock-market-crash-web/
↑TechCrunch
>>こんなことがあったんだ。ウェブもついていけないほどのスピード。

イスラエルのOmek Interactiveが画期的なモーションキャプチャー技術を開発―MicrosoftのProject Natalを上回る(ビデオあり)
http://jp.techcrunch.com/archives/20100506omek-interactive-project-natal/
↑TechCrunch
>>この技術の可能性は、ゲームだけでじゃなくて、いろいろとあると思う。


|

« 使ってもらえる広告 | トップページ | 電通「鬼十則」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広告業界の気になる情報:

« 使ってもらえる広告 | トップページ | 電通「鬼十則」 »