« 広告業界の気になる情報 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »

2010年4月29日 (木)

明日の広告

最近ちょっとブレているかも。。

「今」がいまいちわからない。。

ここ数年、広告の本を読んでいない。。。

今後のことも考えないと。。

という思いから黄金週間は、広告関係の本を読みあさることにしました(あとひとつのイベントはレイシック、ここでは、どうでもいいことなんだけど。。)

さて、第一弾は佐藤 尚之さんの「明日の広告」です。
知識が足りなかった領域も補完できました。特に消費者の変化にともなう、メディアの変化について、知見が広まった気がしています。茶の間が消滅して、ネオ茶の間か、なるほどってな感じで。

嬉しかったのは、第7章で、変化した消費者に対して広告がどのように進んでいったほうがいいのかだけで終わらずに、で?どうしたらいいのか?まで書いてあったこと。これはとっても貴重です。広告会社は今の変化についていけない、大きな理由としてはセクショナリズム。この課題に対して、具体的なアイデアが書かれています。後、これを押し進めるには、個人の意識が大切で、進めるプロセスは大変だけれど楽しいからあきらめず頑張ってというもの。心動きました、確かにセクショナリズムもあるし、セクションの中でのヒエラリキーもあるので、ガンジガラメ感は否めない。けれど、そういう意識を持って行動していれば、ラッキーだったら、道は開けるはず。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/34439702

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の広告:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »