« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2010年4月26日 (月)

資生堂 アネッサ×ユニクロ

■資生堂 アネッサ×ユニクロ
Uniqlo_ANESSA
http://www.uniqlo.com/uv/
・広告主:資生堂/ユニクロ
・接触:インターネット広告のひみつ
http://blog.netadreport.com/2010/04/blog-post_2524.html
・想定目的:
・想定ターゲット:
 -夏に向けて検討
 -20代・30代、女性、学生・会社員
 -肌に対して意識が高い層
・想定インサイト:紫外線が肌に与える影響を知っているので、できるだけまもりたいと思っている。
・想定プロポジション:紫外線90%が、夏を快適で前向きにしてくれる。
・想定メッセージ:ユニクロがUVカットウェアを発売したと知ってもらい、アネッサとのコラボにより、紫外線を強力に防御すると思ってもらい、購入を検討して欲しい。
・感想:龍角散がマスクとのど薬をあわせたメッセージに触れた時に、おもったのですが、製品をコラボさせて、より広いメッセージを作る構造って、これから加速するように思えます。このユニクロとアネッサの展開も、アネッサという響きがあるから、ユニクロがUVカットウェアを出したことへの理解も早いですし、強力な印象を受けます。それにしても高島屋もそうですが、ユニクロのビジネスの動きがうまいですね、そのビジネスの動きがコミュニケーションにも活用されていて、かつユニクロらしさも表現されています。

ユニクロ×高島屋
http://www.flickr.com/photos/86013200@N00/sets/72157623933759010/
プレスリリース
http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2010/04/041616_uv.html

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資生堂 アネッサ×ユニクロ:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »