« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2010年1月13日 (水)

大人エレベーター

■大人エレベーター

・広告主:サッポロビール/黒ラベル
http://www.sapporobeer.jp/fun/cm/kurolabel/index.html
・接触:TVCF
・想定目的:既存カテゴリにおける新規ユーザの獲得
・想定ターゲット:
 -仕事帰りに検討
 -20代後半・30代、男性、会社員
 -価値観や考え方を重視
・想定インサイト:大人ってなんだろうと漠然と時々思う。
・想定プロポジション:価値観を持った大人同士が飲むビール
・想定メッセージ:目指すべき大人の姿を示し、その大人が飲むビールが黒ラベルと思ってもらいたい。
・感想:最近、サッポロの広告を見いっていることが多いです。トンマナがいいですね。私もそうなのですが、意外と20代、30代で大人になりきれていない、もしくは大人というものがよくわからないという人が多いような気がします。そこから波状する、大人って何だろう?という思いに対する、一つの答えをこのCMは提示しているのかなと思いました。プレミアムビールで20代・30代も視野に入れたコミュニケーションも新鮮に感じます。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

ドラえもんが四次元ポケットから出しそうなネーミングの「大人エレベータ」ってのが素敵です。夢、感じますね。また、会話ってシチュエーションも、話に耳を傾けたくなるから、見る広告でありながら、聞く広告としても面白い。いい広告です。


ところで、一つお願いが・・・。
お恥ずかしいのですが、広告を解説(分析)される際に、「想定インサイト」とか「想定プロポジション」と項目があるのですが、これはどういった意味なのでしょうか。
クリエイティブブリーフというのはわかっているのですが、インサイトとかプロポジションの意味が、僕の中で曖昧でよくわからないんです(^^;
よかったら教えていただけると助かりますm(..)m

投稿: たか | 2010年1月14日 (木) 11時21分

いい広告ですよね。私はツマブキさんの演技が、無気力?なのだけれど、話すと意外と社交的な今の20代、30代の特徴をとらえている気がして、リアルだなと思いました。

インサイトとプロポジションですか・・難しいですね・・・というのも人によって認識が違うように思えるからです。ですので、私の認識でお答えすると、インサイトは消費者の本音といわれていますが、広告をつくるにあたり漠然とした、もしくは商品と関係ない本音はいけなくて、商品と消費者を結びつける、多くの人が持っている本音なのかなと思っています。でプロポジションはインサイトに対して、その商品が一番魅力的に映るポイントです。色々な認識があり、その他にも大切なポイントはあると思うのですが、このポイントはブレてはいけないかなと思っています。

このブログでは、広告のプロポジションがこうだから、インサイトはこうかなとか逆算して考えたりもしています。

もし、ご興味があれば、桶谷 功さんの
・インサイト
・「思わず買ってしまう」心のスイッチを見つけるための インサイト実践トレーニング
が読みやすいですし、とても参考になりますよ。

投稿: nobert | 2010年1月14日 (木) 19時20分

ありがとうございます。
なんとなく分かった気がします(笑)
この広告の場合で解説されているように、インサイトとしての「大人って?」という、大人を目指す大人の本音から、プロポジションで、そのインサイトを利用して商品と消費者を繋げるといった感じでしょうか?
面白いですね〜、広告って。
それから、本、読んでみます(^^)
ありがとうございます!!

投稿: たか | 2010年1月15日 (金) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人エレベーター:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »