« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2009年2月18日 (水)

マジ ハンパなく バリ リアルに ちょー甘い

■マジ ハンパなく バリ リアルに ちょー甘い
R0011089
http://georgia.jp/max/
・広告主:CCJC/GEORGIA Max Coffee
・接触:新橋駅/ポスター
・想定目的:ブランドの再認知・サイトへの誘引
・想定ターゲット:
-疲れた時に検討する
-20~30代、男性、比較的低所得層、関東圏
-甘みに癒しを求める
・想定インサイト:糖分がちょっと気になるので、糖分控えめの缶コーヒーを買っている。でも特別な疲れには特別ななにかがほしい。
・想定プロポジション:とにかく甘い、あのMax Coffee
・想定メッセージ:ポスターで興味を持ってもらい、Webに来訪してもらい、Max Coffeeの「甘さ」のこだわりやコンテンツを楽しんでもらい購入を検討してほしい。
・感想:個人的な感想ですが、最初にポスターを見たときは、サラリーマン向けにビッグマックが受け入れられた消費者心理に着眼し、振り切ったキャンペーンなのかな、面白そうだなと感じました。ただ、ウェブを見ると、意図は分かるのですが、意外と普通なのかなと、あとターゲットがCMやウェブコンテンツを見ていると従来の缶コーヒーの意図するターゲットに思えて、ポスターを見た人て来訪した人は、ちょっと違和感を感じるかもしれないなと思いました。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マジ ハンパなく バリ リアルに ちょー甘い:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »