« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2008年12月 3日 (水)

早起き通勤キャンペーン

■早起き通勤キャンペーン
ay_pasmotouch
http://www.tokyometro.jp/news/2007/2007-61_1.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/28/news044.html
・広告主:東西線/早起き推進
・接触:めざましテレビ
・想定目的:混雑の分散
・想定ターゲット:
-何かがあれば早起きする
-ビジネスマン・ウーマン、東西線利用者、
-合理的な層
・想定インサイト:今までの習慣もあるし、これ以上早く起きるのはきついけれど、何か動機やメリットがあれば早起きする。
・想定プロポジション:早起きするとギフト券があたるキャンペーン
・想定メッセージ:キャンペーンの参加により、早起きを推進し、混雑を分散したい。また、その早起きを習慣化して欲しい。
・感想:ただ「混雑分散のため、早起きを」とポスターとかで訴えても、通勤者が早起きをしようとは思わないでしょう。それは、起きる時間って習慣になっているし、早起きは相当、いやな事だから。このキャンペーンは、早起きして、駅内にある専用端末にSuicaでタッチすると、先着でギフト券があたるというものなのですが、フローがシンプルですし、簡単に参加できるので、これなら早起きしようかなと思えます。この仕組みは色々と汎用性がありますね。 

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早起き通勤キャンペーン:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »