« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2008年12月12日 (金)

Love Distance

■Love Distance
Love distance
http://www.aru-otoko.jp/
・広告主:現在はシークレット(12/24公開されるとのこと)
・接触:インターネット広告のひみつ
http://www.netadreport.com/blog/2008/12/love-distance.html
・想定目的:ドキュメンタリーによる絆を構築
・想定ターゲット:
 -購入態度:NA
 -10代~20代、男女、学生~社会人
 -比較的まじめで、純粋な人たち
・想定インサイト:恋愛は特別なものだし、だからこそ悩むことが多いし、人がどういう恋愛をしているかも気になる。
・想定メッセージ:恋愛には適度な距離が必要だと感じて欲しい。
・想定プロポジション:NA
・感想:「すごい」ですね。規模も質も手法も度肝を抜かれました。こういうキャンペーンを日本でやっている人にもジェラスです。ストーリーが完結してから、広告主が明かされる、この発想は斬新です。特に「恋愛」についてだからこそ、ユーザーも広告だと思ってコンテンツを見たいと思わないだろうし、そういう微妙な障壁も考慮されているので、純粋に思い入れが強くなると思います。制作もクライアントも、目標を共有しているからこそ、ここまで踏み切ったことができるのでしょうね。さて、クライアントはどこなのでしょう。
    
恋愛という男女のコミュニケーションを題材にしていること。 
あえて
-インターネットの自由を奪う
-恋愛において距離が必要、その距離は物理的・心理的の両方
と書いてあるところにヒントがあるように思えます。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/26124934

この記事へのトラックバック一覧です: Love Distance:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »