« ハラタイラさんの独り言 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »

2008年1月16日 (水)

ちょっと考えると楽しいこと

5年前位、ウェブの制作会社で働いていた頃、「これからブログとか、SNSが来る」と感じていたけれど、最近、Webで5年後に何が来るかは見えない。という話。これまた、制作会社の頃の同僚と飲んでいて、でてきた話題なのですが。

広告をやっている身としては、とても楽しい向こう5年。それは、これまであった境界線が、無くなりつつあって、アイデアと組み合わせ次第で、新しく世の中を「あっ」と言わせるようなことを、これまでに無いような可能性を持ってできる。とふつふつ感じているから。

よいアイデアが不可欠ということが、不変だとしたら、いま感じている可能性は、きっと組み合わせの可能性。その可能性は・・・

5年前、これからは動画だ!と言って、ストリーミングのASPAが今はYouTubeになって。
5年前、これからはSNSだ!と言って、凄い量のSNSが、MixiとかGreeになって。
5年前、個人日記主体だったコミュニティーが、ブログになって。
5年前、インターネットのメリットは双方向性!なんて言っていたら、今や検索窓にキーワードを入れていたら、やけにシンクロするバナーが出てくるようになっていたり。

とウェブが、多くの人のプロトコルになって。やっと、インターネットで広く世に告げる事ができるように成熟しつつあるような気がする。

そんな中、地デジで地方はどーすんの?とか、局がYouTubeに歩み寄りを見せていたりと、TVを初めとするマスの不安もチラホラと。今は確信はできないけれど、5年後は今のメディアの概念は、きっとかなり変って、新しい組み合わせを生み、一部の会社や人にしか与えられなかったチャンスも、きっとできてくるのだろうな。と。(メディアの知識は無いので、もやもやレベルです)。

だから、これからウェブはエキサイティング。という事が言いたいのではなくて。ウェブも、追われる側になっていくのだな。と。同僚は「一時期、DTPの人に起きていた事が、今度はウェブの人に起きようとしている」と言っていたけれど。

もちろん悲観するわけではなくて、むしろ、これからのウェブも広告も楽しい。だからこそ、変化を真剣に楽しみつつ、10年後に、懐をホクホクさせてくれる何かにも、アンテナを立て、考えて行きたいなと。10年後、何が来るかを考えるのって楽しいですしね。

つらつらと思うがまま、備忘録も兼ね書いていましたが、これで終わりです。

すみません。こんなオチで。

|

« ハラタイラさんの独り言 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/9906992

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと考えると楽しいこと:

« ハラタイラさんの独り言 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »