« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2007年11月28日 (水)

綾鷹 KAMONジェネレーター

■綾鷹 KAMONジェネレーター

http://ayataka.jp/#fun-kamon
・広告主:日本コカ・コーラ
・接触:広告会議
http://blog.kokokukaigi.com/archives/2007/11/kamon.html
・想定目的:興味喚起、クチコミ効果、ブランディング
・想定ターゲット:20代~30代
・想定インサイト:自分のオリジナルというコト・モノに弱い
・想定メッセージ:にごりがあるから、お茶本来の味がある。
・感想:巷では売り切れ続出と聞く綾鷹。ペットボトルのお茶には無かった「にごり」がお茶。広告でもこの「にごり」を訴求していて、「にごり」があるから本物であり、本物を楽しむためには、飲む人も多少の動作(飲む前に振る)しなければいけないということを訴求していところが新しいなと思いました。このウェブ上のキャンペーンでは、自分の名前と生年月日を記入すると、その人の家紋とその人のタイプが表示される仕組みになっています。オリジナル家紋という発想も面白いだけでなく、綾鷹のトーンも保っていていますね。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綾鷹 KAMONジェネレーター:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »