« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2007年10月 2日 (火)

ひとりを愛せる日本へ。

■ひとりを愛せる日本へ。
CA330004CA330005
http://jpgroup.jp/
・広告主:日本郵政株式会社
・接触:駅、TVCF、ブログ、バナー
・想定目的:民営化に伴う変化の伝達
・想定ターゲット:30代以上(メインターゲット)
・想定インサイト:「郵便局は民営になったらどうなるのだろう、ニュースとかを聞いているといいサービスは期待できそう」
・想定メッセージ:マスではなく、個人を見据えたサービスを提供する郵便局
・感想:最初に見たときから「感じのいい広告だな」と感じました、それは「ひとりを愛せる」というコピーが、自分にも何かを提供してくれる気分にさせてくれ、また使用している写真が素朴でありながら懐かしい風景が他の広告と比べ異質感を出し、注目させてくれるから。きっとこのメッセージも広告も主にシニア層を狙った表現なのでしょうね。写真に登場しいる人たちもシニアの人が多いです。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとりを愛せる日本へ。:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »