« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2007年6月 1日 (金)

カールスバーグから広がる繋がるトーク・シーン

■カールスバーグから広がる繋がるトーク・シーン
CA330039
CA330040
・広告主:カールスバーグ
・接触:メトロミニッツ 5月号
・想定目的:飲むシーンの伝達、認知
・想定ターゲット:20代~30代
・想定インサイト:「バーでビールを飲むときはいつも慣れ親しんでいるビールは飲まずにちょっとこじゃれた外国産ビールを飲むことが多い」
・想定メッセージ:話す時のパートナー カールスバーグ
・感想:よく東京カレンダーとかでやっている飲み物とその飲み物を取り扱っているお店の地図を掲載するタイアップ広告なのですが、フリーペーパーでこれをしているところが新しいなと感じました。と同時に他のフリーペーパーと比べて質も内容も濃いメトロミニッツだからこそこれが出来たのだろうなと。改めてフリーペーパーの進化を感じました。もちろん広告自体もいい店を知りたい、一緒にいる人たちと楽しく会話をしたいという心理をうけていて機能面、メッセージともにいい広告なのではと思います。

|

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カールスバーグから広がる繋がるトーク・シーン:

« 広告業界の気になる情報 | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »