« ハラタイラさんの独り言 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »

2007年2月12日 (月)

コトバ

もともと言葉は、人と人をつなぐ役目をしているが、その言葉が切れれば、人との関係は切れる。(広告批評12月号、ストレス大国ニッポン P64~P65)

オヤジには言葉を取り巻くストレスが多い時代、そのような文脈での一文でしたが、なんか本質を気づかせてくれて本当に良いこと言うなぁと思わず付箋を貼ってました。特に最近、なんとか大臣の問題発言がなんやらと、うんざりする事が毎日ニュースに出てきますが本質ってこういうとこにあるんですよね。

コトバと言えばボクがそうなのだけれど昔と比べて文章を作って話すことが苦手になったなぁと。それはメールやらワードやらパワポやら要はデジタルテキストが原因。コピペとかその柔軟性がとりあえず書きたい事を書き落として後で整理しようなんていう意識を生んで、その結果コトバに対する責任感が欠如してしまってるのじゃないかなんてそう思っているわけです。

その反面、デジタルテキストはキーワード一つで色々な人のテキスト、写真、動画に連れて行ってくれたり。直感的に場所の制限もなく人と人をつなげてくれる。

コトバを取り巻くコミュニケーションも刻一刻と変化している。そんな風に感じたりします。というわけでコトバのこれまでとこれからそんなテーマのこの動画、とぅーってもよくまとめられていて泣きそうになりました。まだ見ていない方は「まぁいつでも見れるからいいや」なんて思わずに是非ご覧あれ。たった43秒で今日の情報収集を終えてもいいくらい満足できる内容で「最近なんか色々情報がありすぎて整理できない」が一本の線で結ばれた気さえしました私。

接触:みたいもん!
http://mitaimon.cocolog-nifty.com/

|

« ハラタイラさんの独り言 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/5306747

この記事へのトラックバック一覧です: コトバ:

« ハラタイラさんの独り言 | トップページ | 広告業界の気になる情報 »