« がんばれ!ニッポン!プロジェクト | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

2006年10月17日 (火)

「ちょっといい未来/図書室」篇

■「ちょっといい未来/図書室」篇
http://www.nitto.co.jp/company/culture/ad/paper/2005.html
・広告主:日東電工
・接触:山の手線、動画広告
・想定目的:企業ブランディング、商品の認知
・想定ターゲット:法人、学生(採用)
・想定インサイト:「日東電工って何の会社?なんか小難しそうなモノ売ってそう、関係ないだろうな。」
・感想:このCMを見たとき、最初は「青春だよなー」なんて思っていましたがしばらくするとラグビー姿の男子学生が液晶?だったという落ちを見て、意表をつかれました。誰もが経験しているまた思い浮かべられる学生時代とそこに異質で斬新な表現があり、その技術を追求している会社という関連付けが上手くできているなと思いました。

|

« がんばれ!ニッポン!プロジェクト | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がんばれ!ニッポン!プロジェクト | トップページ | ハラタイラさんの独り言 »