« 気になる情報 | トップページ | 気になる情報 »

2006年6月 5日 (月)

口コミの教科書

広告関連のブログで執筆されている方々で多くお勧めに入っていた本。最初は「バス」マーケティング?なんかつまんなそうだなと思って無理やり読み始めた私。読んだ瞬間ほれました。BUSSじゃなくてBUZZ(口コミ)なんですね。もうご覧になっている方も多いかと思いますが。

この本を読んだ後くらいからSNSやブログなんかで口コミがキーワードになっていることが気になるようになりました。調べている限りだと口コミ口コミとは言うけれどなんかシステム上(特典、キーワード、コミュニティー等)で無理やりやらせてる感があります。この本ではいかにブランドや商品に話題を持たせ人に話してもらうか(対象者が他の人に話題を提供するか)という部分に焦点をあてて書かれているので口コミに関わっている人は発想でとーっても参考になるかと。

でバズマーケティングを機軸に企画を考えると企画ってこんなに楽しいものだったんだーと感じました。今までは企画といえば小難しいターゲットはここ訴求するコンセプトはこれっていうイメージしかなかったので。もちろんBUZZなだけに実現性は?関連性は?チャリンチャリン言う?確証は?これを踏まえて落とし込もうするとやはり非常に難しいテーマですね。

|

« 気になる情報 | トップページ | 気になる情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126521/2509287

この記事へのトラックバック一覧です: 口コミの教科書:

« 気になる情報 | トップページ | 気になる情報 »