« 気のなる情報 | トップページ | 気になる情報 »

2006年6月15日 (木)

気になる情報

皆様おはようございます。大連から帰ってきて一ヶ月が経ちました。アッというまでした。本当に。あれだけお腹いっぱい状態だった大連も少し時間がたつとやはり懐かしく思えてきます。そんなノスタルジックな朝、気になる情報をお届けしちゃいます。

検索型オンライン広告の覇者グーグル、好調は続くか?--市場の変化を指摘する声も
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20141087,00.htm
CMもWeb用に作り始めているとの事。テレビのCMをそのまま流すのも結構、見る側としては便利なのですがせっかくのウェブなのでウェブ用の表現の方が効果は見込めますよね。日本ではしばらく難しいとは思いますがTVからウェブへのシフトにおいてウェブでの動画表現とどこに動画を落とすのかという話題は見ものですね。

博報堂:高広伯彦さんのインタビュー
http://bb-guide.tv/2003/interview/trunk/int_takahiro.html
かなり古い記事ですが。。アクションコメディWeb CINEMA『TRUNK』ではウェブでの動画表現まで考慮したキャンペーン。

英Guardianの決意,ニュースの第一報は新聞紙ではなくてWebで
Blog:メディア・パブ
http://zen.seesaa.net/article/19028657.html
着々と。

リアルタイム人力検索 - Qunu
Blog:sta la sta
http://d.hatena.ne.jp/starocker/20060614
個人的にこういうサイトがあったらいいのになーっと、学生の頃から思ってました。今ここまでSNSやブログが普及したからこそこういう機能が最適されるような気がします。やはりタイミングですよね。

ニフティ、ブログの口コミを比較&検索する「クチコミサーチWiPi」
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0606/14/news103.html
口コミも次から次ぎへ出てますね。

これはいったい・・・?
Blog:経営戦略室長のエンタメベンチャー奮闘記
http://shitsucho.seesaa.net/article/19280899.html

確かに、ざっと見てみたのですがお金もかかっているようですし、けれど何のために誰が仕掛けているのかがわからない。。謎だからこそ面白い感じです。

次々に登場するFamily 2.0サイト--テーマは家族のつながり
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20139707,00.htm

団塊ジャーナル
http://keytakai.seesaa.net/
高齢化と家族は密接なつながりがあるテーマかと。やっぱファミリーやん?

上海協力機構、中国主導で経済協力加速
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060615AT2M1402014062006.html
中国主導で。との事です。

|

« 気のなる情報 | トップページ | 気になる情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になる情報:

« 気のなる情報 | トップページ | 気になる情報 »