2019年1月19日 (土)

ハラタイラさんの独り言

行く先々の環境になれるのは大切ですが、
http://netaforaa.tumblr.com/post/182109277738/
引きずるとえらいことになるのだなと思ったこの頃、本日の気になる情報です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クモリノチハレ

■クモリノチハレ

・広告主:サントリー/南アルプススパークリング レモン
https://www.suntory.co.jp/water/tennensui/sparkling/
・接触:Adgang
https://adgang.jp/2018/12/170031.html
・想定目的:インフルエンサーを活用したデジタル上での話題拡散および飲用意向を上げる。
・想定ターゲット:
 -その日に飲む飲料として毎日検討
 -10代・20代、男女、学生
 -爽快感、潤い、前向き、発散を重視
・想定インサイト:爽快感で気分を切り替えたい
・想定プロポジション:南アルプススパークリングがみんなの爽快な時間を作る
・想定メッセージ:ユニークなコンテンツを拡散し、コンテンツに接触することで商品を手に取ってほしい。
・感想:インフルエンサーの活用やデジタル上の話題はコミュニケーションでも注目分野ですが、話題性や情緒価値によりすぎた展開も多くなかなか難しい領域だと思います。この展開はとてもうまいなと思いました。気づきのポイントは次の通り。1)爽快感を作りやすい音楽分野のインフルエンサーの起用。2)「ゴクゴク」・「ドン」・「プシュ」・「プハー」の4つの音を盛り込んだMVによる話題化。3)炭酸カテゴリの飲用意向を高める4つの音をジャックし、MVで気分が切り替わった人たちの表情を描くことでブランドの強化にもつながっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広告業界の気になる情報

【Pick of the week】今週の国内事例ピックアップ 1/18
https://adgang.jp/2019/01/170469.html
届いた荷物をメールで「着信」 米郵便公社の次世代宅配ボックス
https://adgang.jp/2019/01/170398.html
↑Adgang

少々のトラブルは楽しんでしまおう!HeinekenのホリデーCM「Holiday Troubles」
http://www.mif-design.com/blog/2019/01/18-083034.php
↑mifdesign

「CES 2019」現地レポート⑤ ? マーケターがテクノロジーに向き合う理由(森直樹)
https://www.advertimes.com/20190118/article284439/
表示回数でデジタルOOH広告を販売 ドコモと電通が新会社
https://www.advertimes.com/20190116/article284281/
↑アドタイ

ヘルスケアマーケティングと動画配信マーケティングの最先端
https://mag.sendenkaigi.com/senden/201902/pickup/015243.php
↑宣伝会議

Self-Driving Grocery Stores Headed to Boston This Spring
https://www.adweek.com/digital/self-driving-grocery-stores-headed-to-boston-this-spring/
Giant Grocery Stores Is Deploying Googly-Eyed Robots to Improve the Customer Experience
https://www.adweek.com/digital/giant-grocery-stores-is-deploying-googly-eyed-robots-to-improve-the-customer-experience/
Offer Clues Into Audience Preferences
https://www.adweek.com/brand-marketing/how-unusual-stand-out-insights-offer-clues-into-audience-preferences/
↑Adweek

世界初の完全栄養ラーメン、パン… 食の革新は5分野で進む
https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00093/00001/
ビール系の商品刷新が続々 「未来消費カレンダー」新着情報
https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/watch/00013/00209/
衣類から食材まで洗剤を使わずに洗える 放置OKの超音波洗浄機
https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/forcast/00004/00079/
↑日経クロストレンド

「世の中に新しい提案、できていますか?」マーケターとして市場創造する方法
https://markezine.jp/article/detail/29871
LINE、「LINEウォレット」を利用した初の店頭販促キャンペーンの実証実験を福岡市内で開始
https://markezine.jp/article/detail/30136
若年層の約9割が、流行よりも「自分の趣味に合っているか」を優先
https://markezine.jp/article/detail/30114
↑マーケジン

CES 2019の主役はメンタルヘルスだった
https://jp.techcrunch.com/2019/01/14/2019-01-11-mental-well-being-took-center-stage-at-ces-2019/
↑TC

いつも市場に商品が無くてはいけないのか?
https://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297/e/c403ed697ada5baacf69882983007c5d
↑日々是マーケティング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GODIVA@SEJ

Untitled
目的:CVSチャネルへのカバー拡大
戦略:ブランドの持つプレミアムブランドイメージを活用した展開。
プラン:プレミアム感を担保できるカウンター什器、こだわりを感じられるミルクチョコとホワイトチョコ、メーカープレミアムチョコの+60円の価格設定。
感想:Godivaがコンビニにあるということが意義があるなと。高級感はカウンター什器もあってコンビニ内でも担保できていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ながら温アイマスク

Untitled
目的:アイマスク市場のシェアを獲得
戦略:現代人の生活スタイルに合わせた商品の展開。
プラン:ながら使用に向けた目の部分をくりぬいたアイマスクの展開。
感想:生活スタイルに商品を一工夫するという選択。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休足美人

Untitled
目的:足のリフレッシュシート市場のシェアを獲得
戦略:休足時間からのブランドスイッチ
プラン:ドンキのPB商品、マイナス100円程度の価格設定、休足時間を模したパッケージおよびネーミング
感想:圧倒的な規模とシェアを誇り、インバウンド需要を獲得している休足時間。PB展開でこのカテゴリを選択したのはとても納得できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

とあるマーケターの広告ルール1

Never advertise an undrinkable drink

by Alan Wood

とあるビール会社のマーケティングダイレクターだった人の言葉です。もちろん考え方次第ですが、広告を接したときに、その商品・サービスを飲めるのか、食べられるのか、使えるのかという視点は重要だと思います。壮大に描写しすぎると無理ですし。ただ、情緒価値を伝えることを否定しているわけではなく、例えば豊かな時間を過ごせるビールとかだったらありの訳で。行きすぎず、商品を手に取る人が受け入れられる、受け入れたくなる塩梅ととらえています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハラタイラさんの独り言

きっとこのキックは
http://netaforaa.tumblr.com/post/181945523778/bombero-ayuda-mujer
天からの贈り物だったのだろうなと思ったこの頃、本日の気になる情報です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリアな素肌のカギ!;)

■クリアな素肌のカギ!;)

・広告主:P&G/SK-II/フェイシャルトリートメントエッセンス
https://www.sk-ii.jp/product/pitera-essence/facial-treatment-essence
・接触:TVCF
・想定目的:
・想定ターゲット:
 -日々使う化粧水として検討
 -20代後半~30代(&40代+)、女性、会社員
 -お墨付き感、効果、親近感を重視
・想定インサイト:自分の素肌を若々しく保ちたい。
・想定プロポジション:透き通るような素肌を得られる。
・想定メッセージ:納得感を持ってもらい購入して欲しい。
・感想:その時代にあった表現けれど広告に求められる役割をはたしている展開だなと感じました。気づきのポイントは次の通りです。1)著名人のテステモニアル的な手法なのだけれど、表現はインスタ的なので、想定ターゲットに親近感を持って伝えられる。2)素肌が若々しい著名人がアップで面白おかしくクリアな素肌のカギを明かす形式なので、インスタ的な表現とあわせて新鮮な刺激を与えてくれる。3)独自成分ピテラや受賞歴を最後まで語らずに、自分の肌につける商品テリトリで勝負していると感じたこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広告業界の気になる情報

さあ、この髪で行こう。ボリューミーな髪の女の子を起用したパンテーンのキャンペーン「The Hairy Tale by babychanco #HairWeGo PANTENE」
http://www.mif-design.com/blog/2019/01/12-093044.php
袖をかざせばカールスバーグがタダで飲めるセーター「Sweater Card Carlsberg」
http://www.mif-design.com/blog/2019/01/11-083020.php
相手の感情をスマホで読み取り音で教える。ファーウェイによる視覚障害者向けプロジェクト「Huawei Facing Emotions」
http://www.mif-design.com/blog/2019/01/09-083028.php
↑mifdesign

【Pick of the week】今週の国内事例ピックアップ 1/11
https://adgang.jp/2019/01/170267.html
↑Adgang

新年の野心① 「マス・Web統合」さらに「広告・販促統合」へ
http://koshimo-blog.com/?p=1837
↑np.

消費者の関心が「所有」から「利用」へと移行していることで「サブスク化」できない企業は、生き残れない。
http://sakainaoki.blogspot.com/2019/01/blog-post.html
↑デザインの深読み

「世界の広告費成長率予測(2018~2020)」が発表に
https://www.advertimes.com/20190111/article284068/
ボイスが2020年代の新・情報プラットフォームになる ? 「CES2019」現地レポート③(玉井博久氏)
https://www.advertimes.com/20190111/article284058/
「CES 2019」現地レポート②―なぜP&Gが初出展したのか?(森直樹)
https://www.advertimes.com/20190109/article283871/
↑アドタイ

2019年 新年あけましておめでとうございます!
https://ameblo.jp/commercial/entry-12430401757.html
↑続きは、CMのあとすぐ!

5 Components of Voice Technology That Will Benefit Marketing Strategies
https://www.adweek.com/digital/5-components-of-voice-technology-that-will-benefit-marketing-strategies/
Video: Impossible Burger Cooked Up an Even Tastier Beef-Free Version
https://www.adweek.com/digital/video-impossible-burger-cooked-up-an-even-tastier-beef-free-burger/
The Return of Retail and 5 Other Direct-to-Consumer Trends to Watch in 2019
https://www.adweek.com/digital/the-return-of-retail-and-5-other-direct-to-consumer-trends-to-watch-in-2019/
↑Adweek

Nissan CUBE
http://net-dependence.blogspot.com/2019/01/nissan-cube.html
↑net dependence syndrome

博報堂DYグループ、新プラニング手法「生活者モードベースドプラニング」を発表
https://markezine.jp/article/detail/30104
セブン&アイHD、バレンタイン商品販売のVRサイトを開設 AIチャット&フリックショッピングを導入
https://markezine.jp/article/detail/30098
しまむら、掲載商品を希望店舗で取り置きできるスマホアプリ「しまコレ」をリリース
https://markezine.jp/article/detail/30090
↑マーケジン

2019年広告マーケティング業界7つの予測
http://g-yokai.com/2019/01/2019.php
2019年の広告マーケティング業界の潮流 海外版
http://g-yokai.com/2019/01/2019-1.php
↑業界人間ベム

面接不要で空いた時間にすぐ働ける「タイミー」が3億円調達、2019年中には新サービスの公開も
https://jp.techcrunch.com/2019/01/10/taimee-2/
↑TC

「宝島社」の1月広告が問いかけるもの
https://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297/e/f3769ae0326074babb10a5187bce3ea5
VOUGEが「その服、必要?」と、問い始めた
https://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297/e/2e92d1f5928fbd64c6d56f16ff65a889
↑日々是マーケティング

Fashion Care
https://activationideas.com/blog/fashion-care
↑ActivationIdea

Coca-Cola: Coca Cola Fan Feat
http://www.adeevee.com/2019/01/coca-cola-coca-cola-fan-feat-integrated/
Volkswagen: Christmas Assist Ball
http://www.adeevee.com/2019/01/volkswagen-christmas-assist-ball-pr-online/
Adidas: Fearless AF
http://www.adeevee.com/2019/01/adidas-fearless-af-film/
↑Adeevee

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日清のどリッチ どん兵衛

Untitled
目的:新ラインナップ展開による増分の獲得
戦略:ちょっと良いもの嗜好を活用した高級即席麺商品の展開
プラン:具で差別化を図る。ファミチキのたれを商品にし、ファミチキを入れることを促すことで、ファミマのカバーも獲得。
感想:CVSに確実にある商品を活用して価値にするという構造はいいなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柿の種タネザックのり塩

Untitled
目的:フォーマット参入による棚の獲得
戦略:じゃかりこのようなカップ型のパッケージおよび食感の商品を展開
プラン:ザクザクとまらない!というじゃかりこと同じベネフィットを訴求。ピーナツと柿の種を球型にすることによって、このベネフィットを実現。
感想:他にも色々と伝えたいことはあったのだろうけれど、じゃがりこのベネフィットってこういうことなので、なるほどなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷たい飲みものも、ゴクゴク楽しみたい。

Untitled
目的:カウンター什器導入による販売の拡大
戦略:ブランディング+増量した商品の展開
プラン:分かりやすいインサイトをとらえたトップボード、お墨付き感となるNo.1訴求、パッケージに10%増量を記載
感想:売り場を作るってこういうことなのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

ハラタイラさんの独り言

新年、明けましておめでとうございます。本年も広告新書をよろしくお願いいたします。さて、意外性という言葉がございますが、
http://netaforaa.tumblr.com/post/181670278668
今年もこんな風に誰の役にも立たないけれど、ちょっとにこやかになれる意外性を持っていたいと思ったこの頃、本日の気になる情報です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本に、もっと日曜日を。

■日本に、もっと日曜日を。
Untitled
https://sundayclock.shogakukan.co.jp/
・広告主:小学館/少年サンデー
https://comics.shogakukan.co.jp/news/15651
・接触:読売新聞/15d
・想定目的:雑誌のイメージを形成
・想定ターゲット:
 -好きな漫画があれば購入
 -30代+、男女、マンガ好き(もしくは好きだった)
 -スロー、リラックス、保養を重視
・想定インサイト:何かとせわしない毎日から離れ一休みしたい。
・想定プロポジション:少年サンデーを読む時間は日曜日になる。
・想定メッセージ:小学生の時のような日曜日を得られるという期待感を持ってもらう。
・感想:いくつか気になる元旦の新聞広告がありましたが、この広告が圧倒的に刺さりました。気づきのポイントは次の通りです。1)年末年始といっても何かと忙しい現代人の解放・リラックス願望をとらえている。2)とても贅沢なスペースの使い方。3)多くの人が知っている漫画家の漫画により引き込まれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広告業界の気になる情報

3Dプリンターの次世代活用法!? 大手酒造メーカーが前代未聞の3Dカクテルを発表
https://adgang.jp/2019/01/169953.html
【Pick of the week】今週の国内事例ピックアップ 12/28
https://adgang.jp/2018/12/170031.html
日清のどん兵衛流・バズの作り方とは?世の中の”なんか変”を発見し、ハイクオリティなネタ広告に
https://adgang.jp/2018/12/169812.html
↑Adgang

多くは要らない。愛があれば。ドイツのスーパーのクリスマスCM「PENNY | Christmas doesn't need much. Only love.」
http://www.mif-design.com/blog/2019/01/02-113051.php
ミュンヘン空港にオープンした、アメリカや日本と繋がるベーカリー「Winter Bakery Munich 2018 | Lufthansa」
http://www.mif-design.com/blog/2018/12/31-090139.php
↑mifdesign

スマートフォンの光で照らされた人をモチーフとしたインスタレーションアート「Absorbed by Light」
https://designwork-s.net/category-creative/absorbed-by-light.html
↑DesignWorks

2018年のCMを総括! BRAND OF THE YEAR 2018
https://ameblo.jp/commercial/entry-12429545233.html
↑続きは、CMのあとすぐ!

TikTokはなぜ流行った? 3つの理由とテレビカルチャーとの連携の可能性
https://www.advertimes.com/20181227/article283261/
イノベーションを形にする、これからマーケターに求められるリーダーシップとは
https://www.advertimes.com/20181226/article278069/
「販促とブランドづくり」 — イトーヨーカドー富永氏、元レクサス高田氏対談
https://www.advertimes.com/20181225/article282734/
↑アドタイ

What Marketers Want From Voice in 2019
https://www.adweek.com/digital/what-marketers-want-from-voice-in-2019/
The 10 Biggest Ecommerce Trends of 2018
https://www.adweek.com/digital/the-10-biggest-ecommerce-trends-of-2018/
↑Adweek

炎上供養
http://blog.netadreport.com/2018/12/blog-post_26.html
電通、人工知能で広告コピー作成
http://blog.netadreport.com/2018/12/blog-post_25.html
↑インターネット広告のひみつ

AQUAMAN
http://net-dependence.blogspot.com/2018/12/aquaman.html
↑net dependence syndrome

人を動かすテレビの力
https://markezine.jp/article/detail/29966
年賀状の発行枚数は15年連続で減っているのにCM出稿量が増えている理由は?【PTP調査】
https://markezine.jp/article/detail/30057
Instagramの購買への影響力が拡大/動画投稿は昨年比で約1.6倍に【ジャストシステム調査】
https://markezine.jp/article/detail/30051
↑Markezine

インバウンドは、地方へ移りつつある?
https://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297/e/400a9401f703b8dfb1554c61e3a586c6
↑日々是マーケティング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のどぬーるぬれマスク

Untitled
目的:加湿マスク市場のシェア獲得
戦略:冬の乾燥という季節性を活用した加湿マスクの展開
プラン:10時間加湿できるぬれフィルターが入ったマスクの展開。ぬれフィルターというRTBが目立ち、保湿感が伝わるパッケージ。
感想:ぬれフィルターは期待できるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリスターVAP

Untitled
目的:年末年始のギフト、パーティ需要を活用したVAPの展開
戦略:お祝い感のある形状をブリスターを活用して実現
プラン:巾着袋をブリスターで模して作成。レギュラー商品をVAPに入れることで、複数商品のトライアルを促す。
感想:ブリスターでこんな形が実現できるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

約5分でじんわりあったか

Untitled
目的:ハンドクリーム市場のシェアを獲得
戦略:冬場のあったか市場の季節を活用したあったかクリームの展開
プラン:塗るニット、約5分であったかくなるということを伝えることで期待感を作る。
感想:クリームにあったかいという機能性を追加できるとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月26日 (水)

2018年アイデアの子種

戦略は目的、戦略、プランのセットそれに目的を何を設定するかによってレイヤーが変化していく戦略カスケードということを教わって、その思考を鍛えるために2017年の1月から何の前触れもなく突然登場したアイデアの子種。店頭にいくのが、興味深く芸術鑑賞するよう変わって、棚替えの時期はたまりません。そんな習慣を与えてくださった方に感謝しつつ、今年はちょっとまとめてみました。

機能性 : 様々な薬とか健康食品だけではなく、チョコとか飴とかにも機能性が付加されていて、その動きは加速しているなと感じています。特に記憶力を改善できるエキスとストレスを緩和できる飴は印象的でした。
記憶力気になりませんか?
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-bc67.html
精神的ストレスを緩和
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-a541.html

健康:健康も面白い分野です。FMの売り場はすごく力を入れているし、乳酸菌が飲料だけではなく美容液にまで使われるほど。最近、私生活で走るようになったこともあり、精密に設計されているVAPの完走セット、ランナーズプレートには感動しました。
完走セット+プロテイン
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-bc37.html
ランナーズプレート
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-845c.html
肌が生きる乳酸菌のチカラ
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-8512.html

商品:ある意味健康から派生しているのですが、ハンバーガーの既成概念を超えて健康層を取り込んだ菜摘、飲むだけでおなかが膨れるコバラサポートは商品としても優れているなと思います。その他、商品のくくりで、サラダチキンが店頭にあることを前提にされた、ミネストローネ。手を汚したくない人向けに作られたOne Handポテチもご紹介します。
モスの菜摘(なつみ)
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-3934.html
空腹時 おなかでふくらむコバラサポート
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-a81c.html
サラダチキンでミネストローネ
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-67a4.html
One Hand ポテチ
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/one-hand-632d.html

エクステンション:結構アグレッシブなエクステンションも多くありました。まさかの靴から香水、コーヒーがスパークリング、天然水がエナジードリンクです。特に天然水は清涼飲料水としては高価な190円の売価設定ですが、エナジードリンクからは取ってこれる価格戦略。
スタバスパークリング
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-4f80.html
ムーブオンフレグランス
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-4527.html
南アルプスピーカービター 190円
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/190-e7a8.html

PB:どこま強くなって、その時メーカーはどうなるのだろうと考えることがあります。メーカーにはできないことを、消費者のニーズをいち早くくみ取り、シンプルに商品化しているなと感じます。ななチキ味のポテチはもやはブランドですね。
耳が痛くなりにくいやわらかマスク
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-03a6.html
ななチキ味
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/index.html

店頭化:恋するハミガキは前々からよい商品と店頭だなと思っていましたが、まさか同じ商品で全く違う訴求の店頭に出会うとは思っていませんでした。リップは完璧な店頭化ってこういうことだなと思わせてくれるほど、素晴らしい店頭でした。
口は朝が一番臭い?
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-6741.html
色落ちしないの。うるおうの。
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-54c3.html

パッケージ:ハミガキもポテチもなかなか商品では差別化が難しいですが、パッケージをうまく活用して興味を引いたり、利便性を伝えることができるのだなと。
メラメラ ツーンピリ。
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-02d0.html
就寝中に歯を強くする
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-5dfa.html

店頭トライアル:やはりこの会社のすごいところは、広告とかの空中戦だけではなく、店頭でのトライアルとかまでセットで徹底的に設計されていることだと思います。
オランジーナルージュスパークリング
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-0a86.html

キャンペーン:企業をあげて、ここまでのカテゴリでキャンペーンを実現できる強さ。
アサヒで総額1億円分の商品が当たる。
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/1-7269.html

Botサービス:よく記事で見るボットサービスとは何ぞやという疑念を取り除き、便利さに気づかせてくれたサービス。
BEBOT×Narita Airport
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/bebotnarita-air.html

アーカイブ:書籍とかは量販店頭のようなトライアルという概念はなかったのではと思うのですが、ある意味、過去のコンテンツをうまく活用できるというのは強いですね。カフェ特集纏め売りとかニーズあるかも
進撃の巨人①~③巻が220円で買える!!
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/220-3242.html

料飲体験:ブランド指名、カクテル指名は難しいという障害を、このPOPはエンターテイメント性とともに解決してくれています。アイルランドキャンペーンも含めて、ここ一年のJamesonはうまかったです。
今日は、どんな楽しみ方でJAMESONを飲む?
http://dekirukana-ad.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/jameson-1161.html

いつも広告新書をご覧いただき、本当にありがとうございます。良いお年をお迎えください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«2018年広告新賞