2020年7月14日 (火)

15年間借りたままの本

私には、かれこれ15年間ほど先輩に借りっぱなしの本がある。返却不要とは言え、実家の本棚に置かれ続けたその本と目が合うたびに申し訳ない思いがわいていた。本を借りた当時の私は20代半ばであったが、今は40代。そしてここ最近、急激に思考プロセスというものを会得したいと思っている。そんなこんなで、クリティカルシンキングを学んだり、自分なりに構造化してみたりしてきたが、いくつかの課題や課題の大きさみたいなものは見えるようになってきたものの、結果を生むための道筋までは、描けずにいた。

実家に帰った時に、ふと目に入ってきた本がある。そして、猛烈なアピールをしていた。
「Zonoさん、あなたはきっと20代だった、あの頃の私に読んで欲しい本だったのだろう。申し訳ない。けれど15年越しに読ませていただきます」という思いの下、その本を読み始めたのである。

その本を読み終わって、仕事でも実践をしているのだけれ、一番の学びは、「大きな結果を生む」ということに、自分なんかができるのか、大きな挑戦だ!みたいなことを感じたら、まず達成できないだろうということ。ではどうしたら達成できるのかというと、「大きな結果」と思わせない、「常識」を積み上げて大きな結果に到達するという思考プロセス。

その中には、いくつかある課題を因果関係でまとめて、本当の課題をめぼしをつけたり、その課題を解決するアイデアで生まれる因果関係をひとつずつ解決するプロセスがあったりする。今までのクリティカルシンキングで抽出された課題が因果関係で整理ができて本当の課題がみつかり、課題と思っていたのものが、症状でしかなかったことに気づいた時は、結構、嬉しかった。

ただ、これが本当に使えるのか?万能なのか?という問いは、今でも分からずにいる。まとめたはいいけど、説明がとても難しいというのもあるけれど、本当にアイデアを生み、結果にたどり着くのか?という点には、まだ自信を持てずにいる。

じゃあ考えてみよう。

仕事に直接かかわらないけれど、ここが成長すれば結果として、自分の関わるビジネスの成長にもつながる距離感。

それは、

「コロナの影響で、大打撃を受けている飲食店ビジネスを支援できるアイデア」

でした。

まず、本当の課題は何なのかを、ここに整理しました細かくは解説しません。ご興味があれば。
https://www.flickr.com/photos/86013200@N00/50108321023/in/dateposted-public/

分かったことは、当たり前だけれど、料飲店のビジネスのモデルは長い歴史があり、変化への対応は厳しいということ。
そして、飲食しながら、サービスや雰囲気の中で、会話が弾むという料飲店の価値が今は消費者に受けいられない。

外資系では、Jobと呼ぶらしいけれど、消費者は普段とは違う環境(飲食、雰囲気など)でつながりを感じ生活を豊かにすることをしたいのだけれど、それができずにオンライン飲みや若者が公園で飲んだりしている。セオリーでは、そいう不便は全て出し尽くされているらしいけれど、コロナの影響で、その不便が生まれている状況ということになる。

ここら辺の対立構造は、こちらに整理しました。
https://www.flickr.com/photos/86013200@N00/50109129772/in/dateposted-public/

更に考えていくと、飲食店のビジネスを成立させるには「飲食しながら、サービスや雰囲気の中で、会話が弾むという」という価値に立脚していないと立ち行かないということが分かり、その前提で考えると、以下のような領域に可能性があるなと感じました。

ミッション1:
料飲店の客数×客単価のビジネスモデルを変える。

ミッション2:
料飲店のスペースに対する概念を変える。

ここら辺の思考の整理は、こちらに整理しました。
https://www.flickr.com/photos/86013200@N00/50109129912/in/dateposted-public/

そして、考えたアイデアは3方向です。

1)料飲店でできること。客数の回転率を限りなく上げる。
通常、飲みに行ったりすると大体、2時間程度。それを思い切って15分、マックスで30分とする。30分たつと「そろそろお時間です」と言われることになるけれど、今だったらそれだけ、人と会って飲み食いするというのは貴重なこと。もちろん料飲店も、入ったらマック並みにすぐに料理を出せるようにセットメニュー化したり、フードコートにあるような呼びベルのようなもので、30分を知らせたり、徹底した3密・衛生対策は必要。自粛とは言え、外は歩く、外を歩くのと同じぐらいのリスクということに位置付けられて、「飲みに行くよ、でも大丈夫、15分しか飲まないから」ということが言えれば、ニュース性とあわせて、成立する可能性はあるのではないか。

2)コミュニティでできること。スペースを最大活用する。
街を歩ければ商店街があるし、ビルの飲食フロアに行けば料飲店街がある。もちろん、繁盛店もあれば、そうでない料飲店もある。商店街や飲食フロアには道がある。一つのお店では3密対策で客席を5割り減しなければいけないかもしれない。それであれば、すいている店のスペース、商店街やフロアの道といったスペースを活用できるようにしたらどうだろうか。消費者は行きたいお店で料理やドリンクを購入、ただ食べる場所は、そのコミュニティ一内のどこでもよい。すいているお店であったり、道であったり、ただ食べる場所は3密対策も考慮され設定されている。これを実現するには、コミュニティを形成して、飲食できるスペースを設置したり、ルールを決めたりする必要がある。消費者も飲み物や食べ物以外にも、コミュニティ利用料みたいなものを支払う必要がでてくる。結果としてそういった利用料が、新たな収入源につながる。


3)国単位、企業単位 検査証明
やはり料飲店がいくら対策をしても、ランダムに押し寄せる人を受け入れている以上、リスクは避けれれないし、限界がある。難易度はかなり高いけれど、検査を受けて陰性の人だけ、料飲店に入れる、それを証明できるものを発行することができれば、陰性の人たちだけが、料飲店で働き、飲食をするという状況を作れて、安心を提示できるので、人が料飲店に行くようになる。一人あたり10万円給付できれば、合計14回検査できるし、今は企業も通勤費を削り始めているので、その分を検査費に配分するなどを検討の余地はあるかもしれない。ただ、これは同時に検査をすることにお墨付きを与えるとともに、陽性であったとしても、差別を受けない、偏見を受けない、それらをポジティブに変換するという大変なアクションも必要だし、検査のキャパを上げなくてはいけない。それ以外の諸々の事情も含めて、素晴らしい頭脳を持った人たちに、この単位のアイデアは期待したい。

本当はそれぞれの方向性の実現性を高めるために、この先の因果を導いていくプロセスがあるのですが、ちょっと今の私にはこのレベル感が限界です。ただ、最初は本当にアイデアなんてでるのか?と思っていたのですが、質は私にはわからないにせよ、少し違った角度からの自分なりのアイデアは出せた。という発見はありました。

さて、その本とは何だったのか、最後にご紹介させていただきます。
ザ・ゴール2
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0081M7ZDE/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i3
色々とシリーズはあるのですが、この2を紹介いただいたのにも理由があったのだなと。
Zonoさん、改めてお礼申し上げます。

 

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

ハラタイラさんの独り言

悟りをひらくとは
https://netaforaa.tumblr.com/post/623313208477876224/picsthatmakeyougohmm-hmmm
こういうことだろうなと思ったこの頃、本日の気になる情報です。

| | コメント (0)

「どっちがやる」ではなく「一緒にやる」。

■「どっちがやる」ではなく「一緒にやる」。
クレラップ新聞広告
・広告主:クレハ/クレラップ
https://kurelife.jp/products/newkrewrap/
・接触:ことばと広告
https://be-copywriter.com/krewrap-together/
https://twitter.com/kotobatoad/status/1277800273679794176/photo/1
・想定目的:
・想定ターゲット:
 -日頃使うサランラップとして購入
 -30代~40代、男女、既婚
 -つながり、満たされる感じを重視
・想定インサイト:何があっても幸せな家庭を築きたい。
・想定プロポジション:クレラップはどのような変化にも寄り添い家庭を支える。
・コミュニケーションの役割:クレラップのブランドの好意度を上げる。
・感想:啓発だけれども、押しつけではなくいいなと思います。気づきのポイントは次の通り。1)どちらかがやるではなく、一緒にやるというコピーが意識変容を促す。2)コロナによる家庭で起きている変化を的確にとらえている。3)こういう前向きな家庭の変化に寄り添っていることが分かる。

| | コメント (0)

気になる情報

【1時間で分かる】P&G流マーケティングの教科書
https://note.com/141ishii/n/na578fec5ef84
↑石井

エビアンが100%リサイクルできるラベル無しボトルに「Label-free bottle - evian Natural Mineral Water」
http://www.mif-design.com/blog/2020/07/10-08254752684.php
↑mifdesign

【Pick of the week】今週の国内事例ピックアップ 7/10
https://adgang.jp/2020/07/183964.html
ケンタッキーがゲーム機を開発!? チキンのグリル付き“KFCONSOLE”
https://adgang.jp/2020/07/184163.html
“スキップ”させない。キットカットのユニークなYouTube広告
https://adgang.jp/2020/07/184137.html
↑Adgang

ギグワーカーと「ギグエコノミー(経済)」
http://sakainaoki.blogspot.com/2020/07/blog-post.html
↑デザインの深読み

コメダが新業態の店舗をオープン 「肉を休む日」をつくるメニューを提供
https://www.advertimes.com/20200710/article319073/
全国の「絶メシ」支援を目的に、東京・新橋に「絶メシ」グルメを再現・提供する食堂がオープン
https://www.advertimes.com/20200708/article318796/
↑アドタイ

マーケターが目指すべき最終地点、それは「経営者」である。
https://mag.sendenkaigi.com/senden/202006/ad/019367.php
急成長を遂げるD2C企業 少数精鋭のマーケティング組織とは?
https://mag.sendenkaigi.com/senden/202008/workstyle-innovation/019272.php
↑宣伝会議

グーグルの広告収入、初めて減少する見通し
http://blog.netadreport.com/2020/07/blog-post_8.html
日本の広告費、2020年は2割減か
http://blog.netadreport.com/2020/07/20202.htm
↑インターネット広告のひみつ

インテージ、都道府県別・放送域別にテレビ番組の視聴者データを確認できる「AREA TV」をリリース
https://markezine.jp/article/detail/33805
「利用者数」1位はアマゾン、「利用回数」1位は楽天市場 ニールセン デジタルが、EC利用状況を調査
https://markezine.jp/article/detail/33787
商品売上が3倍増加!?日本橋西川がInstagram運用に成功した理由
https://markezine.jp/article/detail/33713
↑マーケジン

イーロン・マスクが脳コンピュータインターフェイス企業Neuralinkの最新情報を8月28日に発表
https://jp.techcrunch.com/2020/07/10/2020-07-09-elon-musk-sets-update-on-brain-computer-interface-company-neuralink-for-august-28/
急成長するB2B企業がいかにして初期10社の顧客を獲得したか?
https://jp.techcrunch.com/2020/07/09/how-todays-fastest-growing-b2b-businesses/
Boston DynamicsのSpotとPepperのロボット軍団が福岡PayPayドームでソフトバンクホークスを応援
https://jp.techcrunch.com/2020/07/08/2020-07-08-watch-an-army-of-spot-and-pepper-robots-cheerlead-a-baseball-game-in-an-empty-stadium/
↑TC

テレビドラマも視点を変えると、ビジネスのテキストになる?!
https://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297/e/7ba7bcf52646487376eb8e81743b0185?fm=rss
↑日々是マーケティング

Starbucks leads in forging emotional connections among fast food brands, study says
https://www.marketingdive.com/news/starbucks-leads-in-forging-emotional-connections-among-fast-food-brands-st/581375/
Gen Z wants brands to be 'fun,' 'authentic' and 'good,' study says
https://www.marketingdive.com/news/gen-z-wants-brands-to-be-fun-authentic-and-good-study-says/581191/
↑MarketingDive

Marketing To The New Consumer
https://www.forbes.com/sites/mariansalzman/2020/07/10/marketing-to-the-new-consumer/#3fe595bc50cc
The Future Of Grocery Stores
https://www.forbes.com/sites/blakemorgan/2020/07/06/the-future-of-grocery-stores/#75473bc76e41
↑Forebes

家の中のフィットネス市場が沸騰、アップルはWatchで睡眠支援も
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00318/00012/
「白桃」人気で高級アイスが復調、消費の日常回帰始まる?
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/01055/
第三のビール「ゴールドスター」 サッポロの本気度を伝えた資料
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00112/00041/
人気飲食店ランキング 「丸亀製麺」が5年で順位をじわり上げ
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/research/00003/00027/
↑日経クロストレンド

Insta Novels
https://activationideas.com/blog/insta-novels
What’s the problem?
https://activationideas.com/blog/whats-the-problem
↑Activation Ideas

Budweiser: My Bar
https://www.adeevee.com/2020/07/budweiser-my-bar-online/
Volkswagen: Partners in Reinvention
https://www.adeevee.com/2020/07/volkswagen-partners-in-reinvention-media/
↑Adeevee

| | コメント (2)

大人の健康カルピス

Untitled
目的:カルピスの浸透率を活かした新カテゴリの参入。
戦略:軟骨が気になるポストシニア世代に対してカルピスの親和性を活かしトライアルを促す。
プラン:気軽に飲める小容量パック。カルシウム&グルコサミンを配合。マルチビタミン配合。100円のお求めやすい価格設定。店頭で視認性が高くビタミンを想起する黄色を基調としたパッケージ。
感想:カルピスは容量が多く、甘いイメージがあるけれど、これぐらいの容量だと手に取りやすいなと。

| | コメント (0)

ファンデなしの日に

Untitled
目的:エリクシールブランドを活用し用途に特化した新商品の展開。
戦略:自然体のトレンドと週二回はファンデを使わないという実態に即した商品を展開する。
プラン:既存のタレントやコミュニケーションの傘の中、新商品を展開。ファンデ有、無のイメージで明確に違いを伝達。自然のカバー効果というベネフィット。定番外陳列什器への差し込み。
感想:調査は2019年3月ということだけど、結果としてコロナによる変化に即して商品だなと。

| | コメント (0)

泥汚れ驚きの白さに!

Untitled
目的:洗濯による泥汚れの悩みを解決する商品の発売。
戦略:泥汚れを手間と時間をかけていることを軽減する商品の発売。
プラン:石けんを塗りやすくするケースとそのケースについているブラシにより汚れを落とせる設計。ケースを導入することによりリピート購入率を上げる。ケース付きと石けんの2フェイスでの陳列。
感想:習慣を発見して、それに対する商品設計。明確で参考になる。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

ハラタイラさんの独り言

人の強い信念は、
https://netaforaa.tumblr.com/post/622609551265579008
変化を作るのだろうなと思ったこの頃、本日の気になる情報です。

| | コメント (0)

リアリィ!?

■リアリィ!?

https://www.asahibeer.co.jp/rich/
・広告主:Asahi/アサヒ ザ・リッチ
・接触:TVCF
・想定目的:新クリエイティブによる商品の再プッシュ
・想定ターゲット:
 -日頃飲用するお酒の選択肢の一つとして週1~2回購入
 -30代~40代、男女、会社員・主婦
 -プレミアム、カジュアル、発散を重視
・想定インサイト:新ジャンルの中でも美味しさを求めている。
・想定プロポジション:ビールではなくプレミアムビールに近い新ジャンル
・コミュニケーションの役割:男性だけではなく女性にも選ばれているイメージを強化したい。
・感想:カテゴリは価格や健康思考で選ばれているから、プレミアムは機能するのかなと思っていましたが、ニュースなどを見ていると成功していいるようですね。このCMも目的が明確でよいなと思います。気づきのポイントは次の通り。1)ローンチからしばらくして女性の間口を広げるCMを展開している。2)男性・女性タレントともにプレミアム感を持った人選。3)プレミアムながら、クスっと笑ってしまったり、前向きなトーンが、プレミアム×新ジャンルのレベル感や親和性とマッチしている。

| | コメント (0)

気になる情報

ロックダウンが解除されたら、そろそろ近づくために準備をせねば!LynxのCM「Smell Ready」
http://www.mif-design.com/blog/2020/07/04-08253952670.php
幸せな気分になれる時って、どんな時?Mulino BiancoのCM「The Pursuit of happiness」
http://www.mif-design.com/blog/2020/06/29-08254952657.php
↑mifdesign

【Pick of the week】今週の国内事例ピックアップ 7/3
https://adgang.jp/2020/07/184128.html
「肌の会社」は呼びかける。P&Gがアメリカで放映した差別反対CM
https://adgang.jp/2020/06/183854.html
↑Adgang

現在の社会経済環境がきわめて予測困難な状況に直面しているという時代認識を表す言葉「VUCA」
http://sakainaoki.blogspot.com/2020/06/vuca.html
↑デザインの深読み

「マスク 肌荒れ」の検索数が昨年同期比で約20倍 コロナ禍における美容ニーズの変化
https://www.advertimes.com/20200703/article318581/
資生堂がグローバルキャンペーンサイトを公開 アンバサダーには前田美波里らが就任
https://www.advertimes.com/20200701/article318304/
雪肌精(SEKKISEI)リブランディング、サステナブル対応を強化
https://www.advertimes.com/20200629/article317853/
↑アドタイ

出産を機に働き方を意識 自ら考え行動する、マーケター業務の醍醐味
https://mag.sendenkaigi.com/senden/202008/workstyle-innovation/019211.php
↑宣伝会議

フェイスブックから広告主の離反相次ぐ
http://blog.netadreport.com/2020/06/blog-post_29.html
↑インターネット広告のひみつ

新型コロナウイルス流行後に、ラジオを聴く機会が増えた人は35.9%
https://marketing-rc.com/report/report-monthly-20200701.html
↑Marketing Research Camp

ウェザーニューズ、気象データに連動した「天気連動広告」提供 位置情報に応じた出し分けを可能に
https://markezine.jp/article/detail/33752
ブランド価値、アマゾンが昨年に続き首位/日本企業ではNTTがランクアップ 【カンター・ジャパン調査】
https://markezine.jp/article/detail/33733
マーケティング思考をアップデートするには「サービス」の観点が必要だ【高広氏の白熱ウェビナー】
https://markezine.jp/article/detail/33543
↑マーケジン

網膜に直接投影するメガネ型ディスプレイの500円レンタルがスタート
https://jp.techcrunch.com/2020/07/03/qdlaser-retissa-display/
Uberが悲願の東京都内でのタクシーサービスを開始、東京エムケイなどと提携
https://jp.techcrunch.com/2020/07/03/uber-taxi-tokyo/
↑TC

「買い物」の仕方が変わる?「ポストコロナ」
https://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297/e/1b932727d63f94acb6b1a685cd4e8b08
↑日々是マーケティング

Niziプロジェクト・バチェラーに学ぶ、熱狂を生みだすコンテンツの作り方
https://note.com/chocolate_cho/n/n13d2bd5d67fc
↑エルモ@広告マーケター

米国の老舗高級レストラン、新型コロナ対応で見事な業態転換
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00079/00049/
ユニクロや花王 全身写真2枚で非接触採寸できるAI採用
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00336/00001/
アップルもVRに積極投資、一変する芸術や音楽イベント
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00318/00010/
↑日経クロストレンド

Apple Smartglasses And The World Of Tomorrow: A Sneak Peek
https://www.forbes.com/sites/johnkoetsier/2020/07/03/apple-smartglasses-and-the-world-of-tomorrow-a-sneak-peek/#4552b58145ec
Knee-Jerk Marketers Should Pay More Attention
https://www.forbes.com/sites/augustinefou/2020/07/02/knee-jerk-marketers-should-pay-more-attention/#4e9409256275
↑Forebes

Coca-Cola encourages shared meals in 1st ad since pandemic pause
https://www.marketingdive.com/news/coca-cola-encourages-shared-meals-in-1st-ad-since-pandemic-pause/580956/
Gartner: CMOs prioritize brand strategy amid pandemic-related budget cuts
https://www.marketingdive.com/news/gartner-cmos-prioritize-brand-strategy-amid-budget-cuts/580851/
Target, Mars, Volkswagen join Facebook ad boycott as list tops 240 brands
https://www.marketingdive.com/news/adidas-hp-clorox-join-facebook-ad-boycott-as-list-tops-120-brands/580678/
↑MarketingDive

| | コメント (0)

キットカット凍らせストロベリ

Untitled
目的:季節品による販売の拡大
戦略:夏の季節性の暑さに対して答える商品の展開。
プラン:凍らせて美味しい商品。毎年好評の凍らせてシリーズにストロベリーチーズケーキ味の追加。アイスクリームのようなパッケージ。凍らせるということを明確に訴求。
感想:凍らせるという誰にでもできる行動により力強いベネフィットを形成。

| | コメント (0)

絶対もらえる!あいあいカレー皿

Untitled
目的:食とのマッチングを活用したマイレージキャンペーンで回転を促進
戦略:食卓出現率No.1の金麦、ルウカレー金額シェアNo.1のハウスの2社共同マイレージの展開。
プラン:カレー売り場でのクロスMD。マイレージとは別に流通ポイント特典を提示。ハガキ or Webの申し込み方法を両方設けている。
感想:マイレージ・露出にのれるというカレー側のベネフィットと、食とのマッチングの強化、CMD等の展開などのビール側のベネフィット。

| | コメント (0)

サラダはもちろんお料理にも!

Untitled
目的:深煎りごまドレッシングのリプッシュ
戦略:サラダ以外の料理提案によりレパートリーを拡大。
プラン:サラダ、魚、肉、揚げ物、麺類と具体的な料理イメージを提示。
感想:18年連続シェアNo.1とか入れたくなるところですが、消費者の商品レパートリー拡大にフォーカスしているところがいいなと。

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

ハラタイラさんの独り言

これは確実に
https://netaforaa.tumblr.com/post/621996153376030720
最高に痛いと思ったこの頃、本日の気になる情報です。

| | コメント (0)

さて、今夜、私が頂くのは、

■さて、今夜、私が頂くのは、
UntitledUntitled
・広告主:Uber Eats
https://www.ubereats.com/jp
・接触:インスタグラム/Facebook/メール/加盟店の投稿/登録者
・想定目的:利用者の拡大および利用頻度の向上
・想定ターゲット:
 -食事を検討するときに利用を検討
 -20代~40代、男女、会社員
 -リラックス、つながり、満たされる感じを重視
・想定インサイト:自分の時間を邪魔されずに食事を取りたい。
・想定プロポジション:Uber Eatsは会話の邪魔をしない。
・コミュニケーションの役割:生活にサービスを組み込んでもらう。
・感想:今や週に1~2回は利用しているUber Eats。改めて意識すると上手く生活根付くようにコミュニケーションしているなと思います。気づきのポイントは次の通り。1)利用しはじめると気づくオンタイミングなターゲティング広告/メール。2)街を走るUber Eatsのロゴ、特に新型コロナ以降の加盟店増加により様々な投稿でUber Eatsを見かけるようになった。3)テレビ広告を実施するとともに、広く狭くデジタル広告の展開。インパクトを重視したクリエイティブ。

| | コメント (0)

気になる情報

首を動かすゲームで、リモートワークでの首や肩の凝りをほぐそう「Instagram mask game stretches your neck」
http://www.mif-design.com/blog/2020/06/27-09502452655.php
新しい生活様式での飲み会やパーティーはこれだ。BACARDIによるCM「Roommates」
http://www.mif-design.com/blog/2020/06/26-08251652653.php
またケンタッキーフライドチキンに来てもらうためのプレイリスト「KFC YOU SOON」
http://www.mif-design.com/blog/2020/06/23-08254452645.php
↑mifdesign

【Pick of the week】今週の国内事例ピックアップ 6/26
https://adgang.jp/2020/06/183710.html
スウェーデン発、世界で最もソーシャルディスタンスなレストラン
https://adgang.jp/2020/06/183599.html
騒音値にあわせて割引クーポン発行。BOZEのユニークな販促キャンペーン
https://adgang.jp/2020/06/183523.html
↑Adgang

皮肉なことにCOVID-19の猛威は「働き方革命」にリモートワークという変革に寄与したようだ。
http://sakainaoki.blogspot.com/2020/06/covid-19_23.html
↑デザインの深読み

日本マクドナルド 各国で人気のビーフバーガーを限定販売
https://dentsu-ho.com/articles/7375
レストランは食べるための場所ではなくなる!? withコロナ時代のフードエンターテインメントとは?
https://dentsu-ho.com/articles/7361
↑電通報

サーモス、マイボトル持ち込み型のテイクアウト専門コーヒー店をオープン
https://www.advertimes.com/20200626/article317613/
キンカンがコロナの影響で中止になったポップアップストアをWebで公開
https://www.advertimes.com/20200623/article317241/
「どん兵衛」のCMに出演のチャンス!? 誰でも制作できるオリジナルCMを募集
https://www.advertimes.com/20200622/article317151/
↑アドタイ

世界を変えたネット広告
http://blog.netadreport.com/2020/06/blog-post_26.html
松屋のインスタグラムが話題
http://blog.netadreport.com/2020/06/blog-post_24.html
↑インターネット広告のひみつ

動画セミナー視聴者の約3割が、「個人向け有料コンテンツ」を受講
https://marketing-rc.com/report/report-video-20200622.html
↑Marketing Research Camp

非日常シーンよりも、日常の暮らしが魅力的に感じる時代へ。
https://note.com/atobeck/n/nd9071d301831
↑跡部徹(株式会社空気読み コンセプター/手書き地図推進委員会)

話題商品・サービスから探る、開発のアイデアを出す秘訣【前編】
https://markezine.jp/article/detail/33656
話題商品・サービスから探る、開発のアイデアを出す秘訣【後編】
https://markezine.jp/article/detail/33657
ヤフーのデータが明らかにする、コロナ禍での対応に成功した不動産企業の特徴とは
https://markezine.jp/article/detail/33592
↑マーケジン

誤差1cmで全身をAI採寸できるBodygramアプリが登場
https://jp.techcrunch.com/2020/06/26/bodygramjapan/
ソニーがPS4のバグ発見に500万円超の賞金を出すと発表
https://jp.techcrunch.com/2020/06/25/2020-06-24-sony-will-now-pay-researchers-up-to-50000-to-hack-the-ps4/
Safariはまもなくウェブページに埋め込まれたすべての広告トラッカーをブロックし暴き始める
https://jp.techcrunch.com/2020/06/23/2020-06-23-apple-safari-ad-trackers/
↑TC

ポストコロナ」の働き方とオフィス
https://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297/e/27fd07f94a28406f89eced710679df72
「新型コロナ」で変わる?人生価値観
https://blog.goo.ne.jp/happy-kernel-0297/e/d30e8dafd0c8a8f2a2e34e70061ac25e
↑日々是マーケティング

マーケティングの肝は「新規」か?「CRM」か?ちょっと真剣に考えてみた。
https://note.com/chocolate_cho/n/n8d0bd7fb18ee
↑えるも@広告マーケター

UNIQLO TOKYOの勝算 ユニクロが銀座に2つ目の旗艦店
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/01043/
1位はキユーピーマヨネーズ 安心するパッケージデザイントップ10
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00002/00039/
スタバが大きく変わる 新型コロナはその理由の一部でしかない
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00079/00061/
日本コカ初の酒類「檸檬堂」をヒットさせた、凄腕CMOの素顔
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00325/00001/
ネットで物議のローソンPBデザイン nendo佐藤氏に真意を聞いた
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/casestudy/00012/00414/
↑日経クロストレンド

Unilever stops advertising on Facebook, Instagram and Twitter in bold stance against hate speech
https://www.marketingdive.com/news/unilever-stops-advertising-on-facebook-instagram-and-twitter-in-bold-stanc/580660/
Budweiser celebrates bar reopenings to the tune of 'Don't Stop Me Now'
https://www.marketingdive.com/news/budweiser-celebrates-bar-reopenings-to-the-tune-of-dont-stop-me-now/580606/
↑MarketingDive

How Technology Will Create These 7 Jobs In The Future
https://www.forbes.com/sites/cathyhackl/2020/06/24/how-technology-will-create-these-7-jobs-in-the-future/#e5d2bba7437e
From Cause Marketing To Purposeful Generosity: How To Evolve Philanthropy In Times Of Crisis
https://www.forbes.com/sites/jefffromm/2020/06/23/from-cause-marketing-to-purposeful-generosity-how-to-evolve-philanthropy-in-times-of-crisis/#5a2dfba27b56
↑Forebes

Reranking the Rich
https://activationideas.com/blog/rerank-the-rich
↑ActivationIdeas

| | コメント (0)

チーズタルト/チーズロール/ロールケーキ

Untitled
目的:クリームチーズの浸透率を上げる
戦略:デザート市場に参入しレパートリーを増やす。
プラン:Kiriブランドとチーズのデザートイメージを活用したデザートバリエーション展開。タルトやケーキでの展開。一人から二人で食べられる大きさ。Kiriのブランドを立てたパッケージ。
感想:チーズ系のデザートは鉄板。ここまで様々な商品を展開しているのをみると、上手くいっているのだろうなと。

| | コメント (0)

氷感ネッククーラー

Untitled
目的:夏の暑さ対策商品の需要獲得。
戦略:通勤や出先でも使える利便性を付加したしスティック型商品の展開。
プラン:外で使っても躊躇しないデザイン性。外で汗が止まらないという心理を訴求として使用。マイナス5℃という具体的な数字を提示。シャンプーの香り、12種の植物エキス設計。
感想:働く女性のニーズに特化した商品。店頭の回転もよいよう。

| | コメント (0)

ヘルシアmyリズム

Untitled
目的:女性向け健康飲料市場のシェア獲得
戦略:女性の疲労感や肥満を気にするトレンドを活用した商品の展開。
プラン:ヘルシアブランドからのラインナップ。流通限定品によりマザーブランドとあわせた陳列。クエン酸と茶カテキンによる機能性を実現。美容を想起させるデザインのトンマナ
感想:濃い色に囲まれていると更に目立つな。

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

ハラタイラさんの独り言

この2段階のいら立ちは、
https://netaforaa.tumblr.com/post/621349227908497408
たまらないと思ったこの頃、本日の気になる情報です。

| | コメント (0)

«乾く理由が、ありすぎる。